非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのこの壁紙サイトが好きだ

液晶と有機EL

 

 

iPhoneは初代からずっと液晶画面でしたが、去年のiPhone Xから有機ELが使われています。

今年のモデルでは、iPhone XSとiPhone XS Maxが有機ELで、iPhone XRが液晶です。

液晶と言うのは、画面が黒を表示しているときが電気を食うんですよね。

 

www.b-chan.jp

 

 

もともと白いライトが全画面で光っていて、それを赤緑青のフィルターで隠すコトで色を変えるので、フィルターを作動させるのに電気を食う、つまり、白以外の色にする方が電気を食うわけです。

 

なので、液晶のiPhoneでは、なるべく白い壁紙を使うのが、バッテリーを長持ちさせるコツでした。

 

有機ELは逆です。

普段は真っ黒で、点灯させた点(ドット)だけが光ります。

なので、黒い壁紙など、黒を多くすれば、省電力になります。

 

 

黒い壁紙

 

 

そこで、ボクは、iPhone Xを買ってからは、真っ黒の壁紙、つまり、壁紙を無しの状態で使っていました。

しかし、せっかくの美しい画面なのに背景が真っ黒では、ちょっと寂しい。

そこで、こんなサイトを見つけました。

 

heyeased.weebly.com

 

 

ちょっと趣向の変わった壁紙がたくさん置いてあります。

動く壁紙もありますね。

 

その中で、ボクが選んだのがコレ。

 

heyeased.weebly.com

 

 

このページ内の、Colorfulです。

colorful-wallpaper

 

 

特徴は、Dock(画面下のアイコン置き場)の色がカラフルになる点と、iPhoneの画面がカラフルな枠で囲まれる点ですね。

 

シンプルが好きな人には、枠なんて不要だと思いますが、ボクも基本はそうなんですが、試してみると、なかなかキレイなので、しばらく使っています。

同じページには単色の壁紙もあるので、お好みで選んでみてください。

 

この壁紙のメリットは、さっきも書いたように、有機ELのiPhoneでは省電力になる点です。

なにせ大部分が黒いですから。

 

他にも、動く壁紙など、面白いモノが色々あるので、液晶iPhoneの人も有機ELiPhoneの人も、あれこれ試してみてください。

動く壁紙は、説明を読むと、なるほど!と思ってしまいますね。

ちょっと目がくらみますが。