非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで、うっかりVoiceOverをオンにして困ったので解決した

VoiceOver

 

 

iPhoneの「設定」アプリを起動し、「アクセシビリティ」と言うページの中に、「VoiceOver」と言う項目があります。

これをオンにすると、iPhoneのあらゆる画面を音声で読み上げてくれます。

視覚が弱い人向けの、大変重要な機能なんですが、普通に視覚が働くボクがうっかりオンにしてしまって、操作にパニックを起こしたので、ここで解決法を書いておきます。

 

 

VoiceOver時の操作を覚える

 

 

VoiceOverがオンになっている時は、iPhoneは通常とは全く異なった挙動を見せます。

とにかく、タップしても何も反応しないのです。

何も知らなければ、iPhoneの操作ができなくなって、焦ると思います。

何せ、ネットで調べようにも、ブラウザの起動すらできないんですから。

 

そこで、そうなる前に、一度、VoiceOverを経験して、操作方法を覚えておこうと言う話です。

 

まず、「設定」アプリの「アクセシビリティ」の「VoiceOver」と進んで、VoiceOverをオンにしましょう。 

 

これはオフの状態。オンにすれば挙動が変わるのでご注意。

VoiceOverオフの状態

 

 

VoiceOverがオンの状態になったら、ホーム画面(アプリが並んでいる画面)に戻るのも苦労すると思います。

やり方はカンタンで、いつもどおり、画面の一番下から上方向にスワイプして、1回だけコツッと鳴ったら指を離します。

ホーム画面に戻る方法

 

 

はい、ホーム画面に戻りました。通常ならアプリを1回タップしたら起動しますが、VoiceOverモードでは白枠が表示されるだけ。

その状態で、さらにダブルタップします。

1回タップして

 

 

1回タップして白枠が表示、そこからダブルタップして実行。覚えましたか?

では、設定アプリが起動したら、アクセシビリティをタップして白枠を表示させてダブルタップ。

アクセシビリティを選ぶ

 

 

VoiceOverをタップして白枠を表示させてダブルタップ。

VoiceOverを選ぶ

 

 

はい、これでVoiceOverのスイッチに戻ってきました。

これも1回タップして白枠を表示させてダブルタップ。

VoiceOverをオフにする

 

 

無事にオフになりましたか?

うっかりVoiceOverをオンにしてしまっても、こうやってオフに戻しましょう。

ちなみに、VoiceOverがオンの時は、3本指でスクロールさせます。

ホーム画面を左右に移動するのも3本指です。

 

以上、VoiceOverをうっかりオンにしてしまった時の解決法でした。