非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

10万円を使ったら10万円を失ったと考える人は資産形成できない

現在の10万円の価値

 

 

今回は、ファイナンスの基礎を知ってもらうために、大げさな例で話をします。

 

あなたは資産形成したいですか?

 

であれば、今すぐ無駄遣いをやめましょう。

 

例えば、必要の無いモノに10万円を使った場合、あなたが失うおカネは10万円では無く30万円だとしたら驚くでしょうか。

でも、それはあながちウソではありません。

具体的に見てみましょう。

 

 

複利計算

 

 

10万円を運用して1年間に3%の利息が付く運用商品があるとします。

この商品がもし単利ならば、

 

毎年3,000円の利息

 

が付きます。これを40年間続けたら、3,000円の利息が40回なので、利子の合計は12万円です。

元本は10万円なので、合計で22万円になります。

 

つまり、あなたが20歳のときにムダに10万円使ってしまったと言うコトは、60歳のときに得られるはずだった22万円を失ったのと同じコトなんです。

 

さらに、もし、この商品が半年複利ならどうでしょうか。

こちらのページで、複利計算をしてみてください。

 

keisan.casio.jp

 

 

  • 年利3%、表面金利
  • 元金100,000円
  • 経過年数40年
  • 複利周期半年

 

で計算ボタンを押してみてください。

すると、一番下の金額は、

 

329,066円

 

になっていますよね。

つまり、20歳の人が10万円を3%で半年複利で運用できたら3倍以上にふくれ上がると言う意味です。

逆に言えば、20歳のときにムダに10万円を使ってしまうと、60歳のときに得られるはずだった約33万円を失うのと同じなわけです。

 

老後に不足する生活費が2,000万円と言う問題が世の中を賑わしました。

上記のサイトで、条件をそのままで元金を6,078,000円と入力して計算してみてください。

すると、一番下の40年後には2,000万円を超えます。

つまり、老後に2,000万円を準備するには、2,000万円の現金を貯める必要があるわけでは無く、20歳のときに約600万円あれば良いのと同じ意味になります。

複利計算と言うのは、時間が長ければ長いほど影響が大きくなります。

若いときに無駄遣いをたくさんすれば、それだけ将来のダメージが大きくなると言う意味です。

すべての人は、時間を戻すコトはできません。

しかし、おカネを節約するコトは可能です。

また、現在の銀行預金の金利では3%の利回りを実現するのは不可能です。

銀行預金の金利はほぼゼロなので、2,000万円を貯めるには2,000万円が必要と言うコトです。

金利3%、半年複利の40年運用なら、2,000万円貯めるには600万円で良いと言うコトになります。

 

と言うわけで、複利効果の説明をするために、多少、強引な説明をしてみました。

老後に2,000万円を達成するために何が必要か。

これでほんの少し感じ取ってもらえたらと思います。

 

スキルアップのための自己投資におカネを使うコトは大いに結構。

でも、ヒマつぶしのためにソーシャルゲームに課金するのは、今の課金額では無く、将来の金額で考えれば、いかにムダであるかがわかると思います。

もちろん、あなたが、ソーシャルゲームのスキルを上げて、それでメシを食うのなら別ですが。