非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

指紋認証と顔認証

認証の好み

 

 

ボクはキャッシュレスが好きで、ポイント還元が無くても、キャッシュレスが便利だと言う理由で、日常のほとんどの買い物はキャッシュレスです。

現金は、わざわざATMで下ろすと言う作業もムダですし、もちろんレジでの支払いも面倒。

しかも、現金の動きって、手作業で家計簿を付けないと残らないんですよね。

キャッシュレスならすべて記録が残るので、何月何日にいくら使ったかと言う管理が自動的に行え、結果として、ムダ遣い防止になります。

安全性の面でも、現金なら紛失したり盗まれれば終わり。日本は治安の良い国なので、運良く戻るコトもありますが、それは運。

電子マネーが盗まれる可能性は、現金での紛失や盗難よりも圧倒的に低く、そう言う意味でも安全です。

しかも、記録が残るので、現金と違って、盗んだ相手を追跡できる可能性もありますし、電子マネー業者の不備なら、補償も受けられます。

食わず嫌いの人のイメージとは違って、現実には、電子マネーは現金より安全かつ便利なんですよね。

 

財布を紛失すると、中の現金をあきらめる必要があります。さっきも書いたように運良く戻る可能性もありますが、それは運です。

電子マネーなら、スマホを紛失しても、スマホ認証が解除されない限り、安全です。

財布の紛失とは別次元で安全なわけです。

 

認証の解除には、パスコード、指紋、顔などの方法があります。

ボクは今、iPhone XS Maxと言う機種を使っているので、顔認証です。

以前の機種では指紋認証。

その前の機種ではパスコード。

この中ではボクは顔認証をオススメします。

 

 

顔認証

 

 

パスコードは単に入力が面倒なので、ボクは好きでは無いです。

指紋認証と顔認証とでは、使い勝手の面では好みの問題なので、どちらが良いと言う結論はありません。

ボク個人は、指紋認証に関しては、わざわざセンサーに指を乗せる必要があると言う点で少し面倒なので、どちらかと言えば顔認証がラクですね。

顔認証は何もする必要がありません。

画面を見る必要があるじゃないか、と言われそうですが、スマホを使う時点で画面を見ているので、事実上は何もしなくて良いのです。

 

それとは別に、顔認証の大きなメリットがあります。

それは、画面を注視しないと認証解除できない、と言う点です。

これは機種によります。

iPhoneのような高性能な顔認証では、顔の立体造形をチェックしますし、目線もチェックします。

なので、本人の顔写真では認証できません。

他人では無理なのです。

そして画面の注視。

本人が寝ているときには解除ができないのです。

指紋認証の場合、本人が寝ているときに、こっそりと指をスマホに当てられてしまうと解除されるんですよね。

その点で、少しセキュリティが弱いのです。

マスクを装着していると認証できないと言う弱点がありますが、それをクリアするには、恐らく、虹彩認証と言う技術が必要です。

虹彩、つまり、瞳認証です。

これなら、マスクも関係無し。よほど濃いサングラスで無ければ眼鏡着用でも問題無し。

 

使い勝手の面で指紋か顔かは好みの問題ですが、本人の意思が無ければ解除できないと言う安全性の面では、現時点では顔認証や虹彩認証が優れています。

 

何となく使い勝手の面だけで判断している人で、もし、セキュリティを気にする人は、そう言う観点で認証方法を選んでみてください。

 

なお、余談ですが、某コンビニのATMが顔認証を導入すると言うニュースを読みました。

どうやって顔を認証するのかな、と思っていたら、最初に本人の顔写真を銀行側に送信して登録しておく必要があるようです。

そして、実際に使うときは、本人がATMの前に立って顔認証する、と。

でも、それって、写真認証ですよね?

だとすると、他人が本人の顔写真を持っていても認証されてしまう恐れがあると思うんですよね。

あと、最初に本人の顔写真を送信しておくのも気になります。

本人の顔データが回線で送信されるわけですよね。

iPhoneの顔認証(指紋認証も)は個々のiPhoneの中に顔データが保管されるので、ネット回線には流れません。

そう言う意味で、ATM顔認証は、かなり心配なのです。