非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone XS Maxを予約してみた

もっとも高価なスマートフォン?

 

 

こんにちは。

毎年恒例の新型iPhoneが発表され、今年の最上位機種は、

 

iPhone XS Max

 

となりました。

 

初の512GBモデルが登場し、価格は何と、

 

164,800円(税別)

 

です。

過去には一部、宝石をちりばめるなどの超高価なスマホは存在しましたが、一般向けモデルとしては、おそらく過去最高価格のスマホでしょうね。

 

MacBookと同じ価格帯ですから。

 

さて、スマートフォンにそんな値付けをできるAppleは、さすがのブランド力です。

どんなビジネスでも、高い価格を付けられるかどうか、つまりブランド力があるかどうかが、その企業の存続に関わります。

 

ポルシェなんて、とても高価な自動車ですが、よく売れています。

実際、ポルシェの自動車は、同社に高い利益をもたらしています。

 

安いから買う人たちは最初からターゲットでは無く、高くても買う人たちがターゲットです。

それがブランドです。

 

 

iPhoneと言うブランド

 

 

ポルシェの中の人の立場になれば、もちろん台数が増えるのは良いことでしょう。

でも、ビジネスとして大事なのは利益。

例えば、毎日12時間働いて年収300万円のAさんと、毎日3時間働いて年収1,000万円のBさん。

後者の方がずっと理想的です。ワークライフバランスと豊かさ。

 

自動車でもスマートフォンでも同じで、台数のシェアが大きくても利益が薄ければ、ツラいだけなんですよね。

たくさん働いて儲けは少ないってことですから。

この現実がスマホの世界で起こってしまっています。

台数シェアでは圧倒的に大きいAndroidスマホ。

台数は少ないのに世界のスマホの利益の大半を稼ぎ出すApple社。

まさにブランド力の違いであり、それを信者と呼ぶ人もいますが、そう言う意味では、ポルシェ信者、エルメス信者など、高級品信者は少なからず存在します。

 

そんな人たちは、価格よりも、そのブランドに価値を見出すので、企業側は強気の値付けができます。

そして、Appleはもはや、ブランドの強い企業として君臨しています。

今から価格訴求する意味が無いんですよ。

わざわざ安いiPhoneをたくさん売って、ほとんど儲からない、そんなことをして、誰が喜ぶでしょうか。

性能の低いiPhoneでユーザーはがっかりし、Appleの従業員の給料は下がり、労働時間は増え、株主も損をする。

誰も幸せになれません。

 

高価なエルメスのバッグに憧れる人がいるように、高価なAppleのスマホに憧れる。

まんまとそんなことになっています。

 

ボクはApple信者では無く、むしろ実用主義でiPhoneを選んでいるので、ブランド信仰もありませんが、今年もiPhoneを予約してしまいました。

それもまさに最上位の、iPhone XS Maxの512GBモデル。

いま持っているiPhone Xが白いので、今回は黒いのを注文。

 

高いと言っても、それはあくまでもスマホとして。

 

こう考えたらどうでしょうか。

 

ポルシェの最上位モデルは1,000万円以上します。

普通の人は、一生買えません。

エルメスの最上位バッグは数百万円します。

普通の人は、一生に1個、買えるかどうか。

でも、iPhoneの最上位モデルは16万円ちょっと。

ポルシェやエルメスと違って、買える価格です。

 

普段、牛丼を食べている人が、年に1回か2回、自分へのご褒美として、1万円のディナーを食べる。

それを実現可能な人は、少なからずいます。

もちろん実現できない人もいますが。

 

とりあえず、今回のiPhone XS Maxは、ボクにとっては高価な買い物ですが、それは、ポルシェの代わり、そんな感覚です。

ボクはクルマを持たないので、クルマにかかる経費はゼロ。

ボクはテレビも持たないので、テレビにかかる経費もゼロ。

その分、スマホに16万円ちょっと使う。

 

それだけのことです。

 

そして、このブログで、iPhone XS Maxに関する記事をたくさん書いて、ブログ収入を上げて、元を取る。

 

そう思えば、人生を激変させるほど高い消費では無いと考えます。

いや、消費では無く、投資ですね。