非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

大画面のiPhone XS Maxで文字入力しやすくする

キーボードのサイズ

 

 

iPhone XS Maxを入手しました。

同じAppleのMacと言うパソコンは、画面のサイズが変わってもキーボードのサイズは同じでした。

11インチのMacBook Airでも15インチのMacBook Proでも、キーの横の間隔は19mm。

機種変更しても、同じ操作感でした。

ボクは、この点がスティーブ・ジョブズのひとつの大きなこだわりだったんじゃ無いかな、と推測しています。

 

現在のApple製品は、iPhoneの画面が大きくなれば、画面に表示されるキーボードのサイズも大きくなります。

iPad用にも外付けのキーボードが売られていますが、iPadのサイズによって、キーボードのキーのサイズも異なります。

こだわりをひとつ捨てたんだな、そう思っています。

 

さて、iPhone史上最大の画面サイズのiPhone XS Max。

普通に日本語キーボードと英語キーボードを表示すると、画面の横幅いっぱいに表示されます。

日本語広い

 

 

英語広い

 

 

英語のキーボードはボタンが小さいので、それで良いんですが、日本語キーボードはボタンが大きすぎてフリック入力しにくいんですよね。

 

そこで、キーボードの左下にある地球のマークを長押しします。

すると、キーボードを右か左へ寄せるボタンが表示されます。

設定

 

 

これで右寄せすると、次の通り。

日本語狭い

 

 

これで、右手で入力する人にとっては便利になるんですが、実は英語キーボードも右寄せになってしまうんですよ。

英語狭い

 

 

これが実に押しにくい。

日本語のフリック入力キーボードと英語キーボードの幅を別々に設定できれば良いのに。

 

 

サードパーティーキーボードアプリ

 

 

そこで、サードパーティー(他社)が提供しているキーボードアプリを使います。

ボクは、ずーーーーっと、ATOKを使っています。

 

ATOK -日本語入力キーボード

ATOK -日本語入力キーボード

  • JUSTSYSTEMS CORPORATION
  • ユーティリティ
  • ¥1,600

 

 

iPhoneもiPadもAndroidもWindowsもMacもATOK。

インターネット経由で各端末の辞書を同期できます。

なので、使っている端末すべてが便利になっていきます。

例えば、iPhoneのATOKで変換を学習すれば、自動的にWindowsのATOKも賢くなります。

元々、iPhoneの純正キーボードよりも変換は高品質ですが、同期機能によって、さらに各端末が揃って使い勝手が良くなるわけです。

 

そして、このATOK。

便利なことに、キーボードのサイズや位置を自由に変更できます。

なので、ボクはこんな感じにしています。

ATOK

 

 

上記の様に、ATOKの日本語キーボードのみを右寄せにして右手入力しやすくし、一方で英語キーボードは画面の横幅いっぱいのまま。

非常に便利です。

ちなみに、ATOKだけではなく、GboardやSimejiも同様の機能を持っています。

 

これはGboardの画面。

Gboard

 

 

これはSimejiの画面。

Simeji

 

 

どれを選ぶかは好みの問題。

これで、日本語も英語もどちらも入力しやすい環境が実現します。

 

Gboard - Google キーボード

Gboard - Google キーボード

  • Google, Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

 

 

Simeji - 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード

Simeji - 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード

  • Baidu Japan Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

 

 

ちなみに、ボクはATOKのサブスクリプション(月額制)に加入していて、毎月500円前後を支払っていますが、様々な辞書を使えたり、学習機能が強力だったりするので、十分に元を取っています。