非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneを紛失しても見つかるように設定しておく

iPhoneを探す

 

 

iPhoneの基本的な設定のお話。

iPhoneには、GPSなどの位置情報機能を使って、紛失しても場所がわかる仕組みがあります。

長年、携帯電話を使っていると、一度や二度は、紛失するコトがあると思うので、この機能は非常に有効です。

AppleIDを作ってあるコトが前提です。

iPhoneの「設定」アプリを起動して、こちらの部分をタップします。

AppleID

 

 

次の画面で「iCloud」、さらに「iPhoneを探す」をタップします。

ここで、「iPhoneを探す」をオンにしましょう

さらに、「最後の位置情報を送信」もオンにしましょう。

最後の位置情報を送信

 

 

最後の位置情報を送信

 

 

「iPhoneを探す」機能をオンにすると、iPhoneやiPadに入っている「iPhoneを探す」アプリで、AppleIDの端末の位置が表示されます。

例えば、ボクは4台使っているので、こんな画面です。

iPhoneを探す

 

 

  • iPhone
  • iPad
  • iMac
  • MacBook Air

 

これらの位置はいつでも確認可能です。

最悪、iMacを盗まれてしまっても、iMacの電源が入っていれば、現在地はわかるわけです。

 

で、さっきオンにした「最後の位置情報を送信」と言うのは、iPhoneやiPadで使える機能です。

バッテリーが切れる直前の位置情報を残す仕組みです。

位置情報はその端末の電源が入っていないと機能しませんが、iPhoneやiPadはバッテリーで動くので、いずれバッテリーが切れてしまうと、その時点で位置情報は使えなくなります。

つまり、紛失して時間が経ってしまうと、現在地がわからなくなるわけです。

そんな場合でも、「最後の位置情報を送信」をオンにしておけば、バッテリーが切れる直前の位置情報は残るので、探すヒントにはなるわけですね。

バッテリーが切れた後に誰かに持ち去られてしまったら無意味ですが、放置されている場合は最後の位置情報は非常に有効です。

 

ボクはAppleの端末を紛失した経験は無いので、今のところ、これらの機能を実際に使ったコトはありませんが、iPhone以前に所有していた携帯電話は紛失したコトがあります。

そのときは幸いにもGPS機能があったおかげで、すぐに見つけるコトができました。

 

iPhoneユーザーは非常に多いですが、もし「iPhoneを探す」をオンにしていない人は、ぜひしておくコトをオススメします。

iPhoneを所有したら、真っ先に設定しておきたい機能です。

 

Androidにも同様の機能があるので、Googleアカウントで設定しておきましょう。