非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの複数アプリ同時移動方法はダメダメだと思う

iPhoneで複数のアプリアイコンを同時に移動させる

 

iPhoneのアプリアイコンって、必ず左上から並ぶ、と言う仕様で、自由に並べられるAndroidとは大きく異なる点です。

あと、ボクが不便に感じていたのが、アイコンの移動。

ボクは400本以上のアプリをインストールしていて、こんなふうに記事を書くために日々、試行錯誤しているんです。

そんな中、アプリの移動が面倒だったんですよね。1個1個動かすのが。

でも、勘違いでした。

iPhoneでは、複数のアプリのアイコンを同時に移動できるんですね。

 

面倒

 

 

実際にやってみます。

この4つのアイコンを移動させる場合。

4つのアイコン

 

 

どれでも良いんですが、まずは左端のアプリを長押しして、移動モード(アイコンがブルブルと震える状態)にします。

アプリアイコンを長押し

 

 

アイコンが震える

 

 

で、左端のアイコンを押したままで、他のアイコンをポンポンポンと順番にタップしていきます。

順番にタップ

 

 

すると、左端のアイコンに他のアイコンが吸収されていって、まとまります。数字の4のバッジが表示されます。

アイコンがまとまる

 

 

この状態で左端のアイコンの指を動かせば、まとまって動きます。

移動が終われば、画面右上の完了ボタンを押します。

 

実際にやってみてください。

どうですか?

やりにくいでしょ。

iPhoneは総合的には優れたユーザーインターフェースを持っていると思うんですが、このアプリアイコン移動に関しては、ホントにダメダメ。

写真アプリで複数の写真を選択するときは、選択モードに入るんですが、なぜかアプリアイコンは上記の方法。

グダグダですね。

統一感がありません。

 

ついでに書くと、iPhoneのホーム画面でフォルダ(複数のアプリアイコンが囲まれている枠)を開くと、Dock(画面下の4つのアイコン)や時計表示が消えてしまうのも不便なんですよね。

実はボクがかなり以前から書いているんですが、Appleの中の人たちは、それを不便だと思っていないようです。