非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのSafariで閉じてしまったタブを再び開く方法

Safariの隠れ機能

 

 

みなさん、iOS12.2がリリースされましたが、すでにアップデートしましたか?

セキュリティの改善も行われているので、時間がある人はお早めに。

 

では、今日は、久しぶりにiPhoneの隠れ機能です。

Safariでページ(タブ)を閉じてしまっても再び開くコトができる方法です。

 

 

 

閉じたタブを再び開く

 

 

タブを閉じてしまったら、あわてずに、画面右下のボタンをタップしましょう。

Safariの画面

 

 

すると、おなじみのタブ一覧画面になります。現在開いているタブが、ズラッと縦に立体的に並んでいます。

その画面の中央下のボタンを普通にタップすると、新規タブを開いてしまうんですが、今回は、普通にタップでは無く、長押ししてみましょう。

タブ一覧

 

 

すると、最近閉じたタブ画面が開きます。上から新しい(後から閉じた)順番です。

最近閉じたタブ

 

 

その中から再び開きたいモノをタップすれば、開くコトができます。

 

そんなわけで、多機能になりすぎて、様々な機能があちこちに隠れているiPhone。

多機能で便利になれば、その分、覚えておくコトも多くなって大変ですね。