非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneはマナーモードでもアラームが鳴る

サイレントスイッチ

 

 

iPhoneの側面左上にはサイレントスイッチがあります。

これを背面側にスライドさせると、iPhoneはマナーモードになります。

普通に考えれば、これでiPhoneの音は鳴らないはず。

しかし、実際には音が鳴るコトがあるんですよね。

マナーモードなのに音が鳴って慌てた経験があるiPhoneユーザーは多いのでは?

 

なぜ、マナーモードなのに音が鳴るんでしょうか。

 

 

着信、通知音とアラーム

 

 

これはiOSの思想によるところです。

iPhoneやiPadでは、マナーモードで消音できるのは、原則として、ユーザーの意思で鳴らす音以外の音です。

例えば、電話の着信音やメールの着信音、各種通知音は、マナーモードで消音できます。

これらの音は、いつ鳴るか予想ができないですよね。

相手次第です。

 

一方、アラーム音やタイマー音は、マナーモードでも鳴ります。

これは、ユーザーが自分の意思で鳴らすようにセットするからです。

 

ボクは、昼間、仕事中は基本的に自分のiPhoneはマナーモードにしています。

職場で着信音が鳴るのがイヤだからですね。

 

そしてたまに、マナーモードのままで帰宅して、そのまま翌朝を迎えるコトがあります。

その場合でも、iPhoneにセットしてあるアラーム(目覚まし時計)はきちんと鳴ってくれます。

マナーモードでもアラームが鳴ると言う安心感があるので、マナーモードを使えるわけです。

 

逆に言えば、マナーモードでもアラームやタイマーは鳴ってしまうので、鳴らしたくないときには、ちゃんとオフにする必要があります。

 

ちなみに、ゲームアプリの効果音はマナーモードでは消えるコトが多いですね。

これはたぶん、ゲームの効果音は着信音と同じと言う扱いなんでしょう。

ゲームをする行為自体はユーザーの意思によるモノですが、その効果音はユーザーの意思では無く、ゲームの仕様として鳴ると捉えれば良いでしょうかね。

 

一方で、YouTubeのような動画アプリでは、マナーモードでも音は鳴ります。

これは、動画は音が鳴る前提、つまり、ユーザーの意思で音を再生している、と捉えるんでしょうね。

 

そんなわけで、長年、モヤモヤしていたコトですが、ちょっと書いてみました。