非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

パソコンを5年間使う前提でスペックを決める

iMac

 

 

ボクはいま、この記事を自宅のパソコンで書いています。

機種は、iMac 5K 27インチ 2017年モデルです。

購入時、メモリは8GB、SSDは512GB。

iMac 5Kは自分でメモリーの換装が可能です。

4つのスロットがあり、元々、4GBのメモリが2枚、挿入されています。

ここに後から、16GBのメモリを2枚買い足して、現在は合計40GBです。

元の4GBのメモリを2枚外して、代わりにさらに16GBを2枚使うコトで、最大64GBにするコトが可能です。

まあ、日常のほとんどの使用方法では、40GBもあれば十分です。

これを書いている時点で、16GBの2枚セットの価格は、14,280円。

 

 

 

買うかどうかは微妙ですね。

 

 

ストレージ

 

 

一方、ストレージであるSSDは512GB。

こちらは換装できません。

少なくともAppleは公式には換装できるとは言っていません。

ユーザーが非公式に換装するコトはできるようですが。

 

mac.arst.jp

 

 

ボクのiMacのストレージは、すでに残りが数十GB。

作曲系のアプリが多くて、サウンドデータなどで容量を食うんですよね。

これ以上のアプリをインストールすると容量が不足するので、最近はストレスがたまります。

 

非公式に換装すれば良いのでしょうが、ボクは元々、使用後のパソコンはオークションで高く売るつもりなので、できるだけ、改造はしたくないんですよね。

 

この画像は、現在のAppleストアのiMac購入画面。 

iMac購入画面

 

 

512GBと1TBの価格差は20,000円です。

SSDのマーケットで言えば、512GBと1TBが2万円も違うのは大きすぎます。

しかし、iMacの場合、公式には換装不可。

 

もし、5年間使うとすれば、20,000円の差額で60ヶ月。

つまり、割り算すれば、月にわずか333円の違いなんですよ。

ボクは、月にたったの333円を節約するために、5年間、512GBでストレスを抱えるコトになりました。

あと2年半ほどです。

 

ある程度、高価な買い物をするときは、目先の総額で考えるよりも、こう言った減価償却の考え方を取り入れた方が失敗しにくいです。

もちろん、使用期間が長くなれば、さらに月額の差は小さくなります。

 

iMacの内蔵ストレージが換装可能であれば、こんな考え方をする必要は無いですし、そもそも絶対に1TBも使わない人も同様です。

ボクの場合、1TBにするかどうか迷った上での512GB選択。

 

使うかもしれないと迷ったら、月額に置き換えて費用対効果を計算する。

 

ボクがちょっと後悔しているコトなので、これから買う人に参考になればと思って書きました。