非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

macOS 10.15(Catalina)のベータ版から脱出する方法

Catalina

 

 

今朝、未明に、macOSのバージョン10.15(Catalina)の正式版がリリースされました。

 

ボクは、すでに自宅のiMacに、Catalinaのベータ版をインストール済みでした。

わりと直前まで、ベータ版はアップデートされていて、ボクのiMacにも、その都度、アップデート版をインストールしていたので、ほぼ、正式版に近い使い勝手を、一足先に、体験済みでした。

 

とは言え、正式版がリリースされた以上、ベータ版では無く、正式版をインストールしたいと言う当然の感情が生まれたので、今朝未明のリリースで対処しました。

 

 

ベータ版からの脱出

 

 

macOSのベータ版を使うには、登録が必要です。

 

Apple Beta Software Program

 

ユーザーとして登録し、かつ、ベータ版を使うマシンを登録します。

逆に、ベータ版をやめる場合は、マシンの登録を解除します。

 

デバイスの登録解除

 

ボクも、手順どおりに解除しました。

で、問題はここから。

マシンのベータ登録を解除しても、マシンのmacOSはベータ版のままなのです。

更新を確認しても、正式版が降りてきません。

正式版が、バージョン10.15。

ベータ版が、バージョン10.15。

どちらも同じバージョンです。

つまり、ベータを解除したとは言え、すでに、バージョン10.15がインストールされているので、これより新しいバージョンは見つからないと判断されてしまっているのでしょう。

たぶん。

このままでは、次のバージョン10.15.1などがリリースされるまで、正式版をインストールできません。

 

さっきのデバイスの登録解除のページには、復元方法は書かれています。

復元なら確かに戻せるのかも知れませんが、何かと面倒です。

やりたいのは単純にCatalinaの正式版のインストール。

あれこれ考えた結果、これを見つけました。

 

macOS Catalina

macOS Catalina

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

apps.apple.com

 

 

そうです。

App Storeです。

忘れていましたが、macOSもアプリの一種として、App Storeに登録されているのです。

それを「入手」すれば、無事にベータ版から正式版に置き換わります。

 

と言うわけで、macOSのベータ版から正式版への脱出方法について、備忘録として書いておきました。

同じ症状の人、ご参考に!