非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPad ProかiPad Air 3かiPadか

MacBook Air

 

 

ボクの自宅には、

  • iMac 5K 2017 メモリー40GB SSD 512GB
  • MacBook Air mid 2012 メモリー 8GB SSD 256GB
  • iPhone XS Max 512GB
  • iPad Air 2 64GB
  • Fire HD 8

 

があり、iMacがメインのパソコン、iPhone XS Maxがメインのスマホです。

他の機種は、買ってから数年経過しており、MacBook Airは、もはや実用性がありません。

パソコンって、年数が経過しても性能が低下するわけでは無いんですが、中にインストールされるアプリが高性能化すると、相対的に負荷が大きくなって動作が遅くなるんです。

MacBook Airに最新のmacOSであるMojaveをインストールしたら、動作がかなり遅く、ほぼ使い物にならなくなりました。

 

 

iPad Air 2

 

 

一方、iPad Air 2を買ったのは2016年で、現在でも非常に快適に動作しています。

Appleは比較的古い機種でも快適に動作するようにiOSをカスタマイズしているようで、今のiOS12でも、動作速度に何ら不満はありません。

 

しかし、ボクのiPad Air 2は、買ったときは読書専用機にしようと思っていたので、ストレージが64GBしかありません。

安い機種を買ったわけです。

でも、その後、iPadが色々と便利に使えるコトがわかってくると、色んなアプリをインストールします。

ボクの趣味のひとつである音楽製作アプリもたくさん入っています。

こうなると、ストレージが64GBではとても足りません。

たぶん、128GBでも足りません。

 

そこで、MacBook AirとiPad Air 2を売却して、新しいモバイルマシンを用意したくなります。

 

この3月にiPad Air 3とiPad mini 5が発表されました。

どちらの機種も、非常に評判が良いんですよね。

 

でも、ボク的には、そんなに高価なモノは不要です。

そこで、ノーマルのiPadに目が行くんですよ。

すると、確かに安いんですが、32GB版と128GB版しかありません。

たぶん、容量が足りません。

すると、iPad Air 3かiPad mini 5。

iPad miniはボクの中では小さすぎるので、iPad Air 3。

これなら256GBモデルがあります。

Wi-Fiモデルで、71,800円税別。

 

ところが先日、iPad Proの最新モデルの実物を手に取って見てしまいました。

 

いや〜、iPad AirやiPad miniは過去モデルの筐体を使った廉価版。

iPad Proは顔認証の未来感ばっちり。

しかも、新型のSmart Keyboard Folioのカッチリ感がすばらしい。

膝の上に置いてもタイピングが苦にならない精密さです。

しかもApple Pencilも本体のサイドに吸着して充電。

 

11インチの512GBWi-FiモデルとApple PencilとSmart Keyboard Folioの3点セットで163,100円税別。

まさに新型のMacBook Airを買うのと同レベルの価格。

 

しかし、自宅にはすでにMac。

持ち運びには、MacBook Airよりも、iPad Proの3点セットの方が軽いです。

 

でも、タブレットに16万円コースは躊躇。

 

そんなこんなで、ここ数日、悩みつつ、その悩みを楽しんでいるトコロです。