非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Macのスリープが発動しないケース

Macのスリープ

 

 

最近はハードディスクでは無くSSDがメインストレージであるパソコンが増えました。

また、省エネ性能に優れたパソコンも増えました。

 

昔は、パソコンを使い終わったら電源をオフにしていました。

昔のWindowsは起動するのに、それなりの時間がかかっていたんですよ。

数十秒とか、下手すると1分以上。

それは、パソコンの処理速度も遅く、ハードディスクのアクセス速度も遅かったなどの要因です。

ボクが初めてSSDのパソコンを使ったのは、たぶん2011年のMacBook Airですね。

あまりの起動の速さに驚きました。

Macの処理が速いのか、SSDが速いのか、総合的に速いのか。

とにかく速ければ便利です。

 

その後、数年が経過。

今、ボクはiMacを使っていますが、電源を切るコトはほぼありません。

使わないときはスリープです。

今のパソコンは電源を切らなくても、スリープ時の省エネ性能は良いですし、スリープからの復帰は一瞬です。

電源を切る意味がほとんど無くなりました。

 

ちなみに、ボクは、スリープまでの時間を3分にしています。

なので、ちょっと目を離すとスリープします。

でも、一瞬で復帰できるので問題ありません。

 

 

スリープが発動しない

 

 

ここからの話は、もしかしたら、ボクの環境だけかも知れません。

たまに、Macのスリープが発動しないケースがあるんです。

つまり、Macの画面が点灯したままの状態。

 

通常は、夜、寝るときには、Macはスリープしてくれるんですが、たまに、朝、目覚めたとき、Macがスリープせずに、そのまま点灯の状態のコトがあります。

 

この原因が長らく謎でした。

 

起こったり起こらなかったり。

で、最近、たぶんですが、原因がわかりました。

 

それは!

 

Google  Chromeで、Yahoo!ニュースの動画が表示されている状態

 

です。

Yahoo!ニュースのすべてのページと言うわけではありません。

あくまでも、Yahoo!ニュースの動画が表示されているページ。

しかも、Chrome。

Safariで同じページが表示されていても、きちんとスリープします。

 

寝ているときなら、まだ問題は無いんですが、外出するときには注意が必要です。

不在中にもMacが使える状態なので、空き巣に入られたら終わりですよね。

なので、最近は、外出する際は、ChromeでYahoo!ニュースの動画画面を消したり、スリープを確認してから外出するようにしています。

スリープしてしまえば、再開するのにパスワードの入力が必要なので、空き巣に遭っても安心です。

まあ本体ごと盗まれるリスクはあっても、中身を見られる心配はありません。

 

それにしても、この現象、ウチだけなんでしょうか。

みなさんの環境ではいかがですか?

 

macOSは現時点で最新の10.15.4ですが、以前のバージョンでも同様だったと思います。