読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの演出

iPhone

ほら、こんなところにリンゴマークが


iPhoneは他のスマートフォンと違って、演出に凝っています。
例えばスクロールが端まで行ってしまったときに、さらに指で引っ張って離すと、びよ〜ん、と跳ね返りますよね。
画面を横にしたときにも瞬間的に横画面モードに切り替わるのではなく、くるん!ときちんと回転します。
要するに単に性能の善し悪しではなくて、視覚効果にこだわっています。
実際のモノを動かすのと同じような動きをできるだけさせるように、Appleはアプリ開発者にガイドラインを設けています。
ここがiPhoneの操作がわかりやすいと言われる理由です。
他のスマートフォンもだんだんとこれにならうようになってきましたが、良い傾向だと思います。
でもそれとは別に、ちょっと見た目にもこだわっているところもあるんですよね。
アプリのアイコンはどれも角が丸いですし、多くのアイコンにつやがあります。
また、Safariなどのアプリはよく見ると画面の四隅の角が丸くなっています。
そういうのは実用性とは関係ないんですが、見た目にこだわっているという特徴を表しています。
iBooksというアプリがありますよね。
あのライブラリ画面を指で下へスクロールさせてみましょう。
検索枠がありますが、さらにその上に、ほら、リンゴマークが見えてきました。

iBooksのリンゴマーク