読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneユーザーのみなさん、「iPhoneを探す」機能をオンにしてますか?実は「Macを探す」もできるんですよ。

iPhone パソコン

iPhoneもMacも位置情報で探せる


この前の某パーティーでもたくさんの人がiPhoneユーザーでしたが、「iPhoneを探す」という機能のことを知らない人が意外にも多いので驚きました。
これを設定しておけば、iPhoneを紛失してもGPSで見つけることができます。
iPhoneを購入してユーザーになったら、まずは設定することをオススメします。
なにはともあれ、iPhoneに、このアプリをインストールします。

iPhoneを探す

iPhoneを探す

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

あとはAppleIDとパスワードを入れるだけ。基本これでOK。
ただし現在は、去年から始まったApple社のiCloudというサービスを使います。
このiCloudのおかげでiPhoneだけではなくMacも同じように見つけ出すことができます。
iPhoneなら、設定アイコンをタップしてiCloudという項目に入りましょう。
iCloudの中に「iPhoneを探す」という項目がありますよね。それをオンにしておいてくださいね。
そして、いざ、iPhoneを紛失したときには、自宅のパソコンなどで、iCloudのWebサイトに行きます。
ここです。


iCloudのページ


ここでAppleIDとパスワードを入れてサインインすれば、いくつかのアイコンが現れます。
「iPhoneを探す」ってのがありますよね。それをクリックすると見事に地図上にあなたのiPhoneの現在地が表示されます。
恐ろしや!
その現在地マークに表示されている青い「i」をクリックしてみてください。
なんと遠隔操作であなたのiPhoneの音を鳴らしたり画面にメッセージを出したりもできるんです。
拾った人に意思を伝えることができますね。
リモートロックは知らない人に勝手にいじられないようにロックをかける機能。
リモートワイプは最後の手段。iPhoneのデータをすべて消し去ります。最悪でもこれで個人情報を盗まれることを防げます。
どうですか?
とりあえず設定しておく価値はありそうでしょ?
ちなみにMacユーザーの人は「システム環境設定」の中のiCloudで「Macを探す」にチェックを入れておけば同じ事ができます。
Macを無くしても他のパソコンやiPhone上で見つけたりデータを消去したりできます。
いや〜。便利な時代ですね。
まるで21世紀!