読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ボクが継続寄付している3つの団体を紹介します

つぶやき

1%

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

以前からこのブログで言っているように、ボクは1%寄付キャンペーンを自分の中で展開中です。

月収の1%を毎月寄付するのです。

月収が10万円なら月に1,000円。

月収が30万円なら月に3,000円。

月収が50万円なら月に5,000円。

月収が100万円なら月に10,000円。

ね、全然ツラくない金額でしょ。

普通のサラリーマンなら1回分の飲み代程度。

それでも実行する人はほとんどいないんです。

 

その金額を自分のためでは無く、誰か他の苦しんでいる人のために使う。

人間の人間らしさが見えてきませんか?

自分のために生きるのはもちろん大切ですが、自分のためだけに生きる人はボクは単なるクズだと思います。

好きなことをして生きよう!

そういうことを大きな声で言う人たちがいますし、それは大切ですが、好きなことをして生きられるのは、好きなことをして生きられる環境に恵まれたからですよね。

戦争の無い国に生まれ、健康な身体に恵まれ。

そういうのって自分のおかげじゃ無いんです。

一方で何の罪も無いのに戦争の国に生まれて命を落とす人々。

病気に苦しむ人々。

そう思えば、自分がこうやって生きられるのは単に自分の努力のおかげだと思い上がるのは間違いです。

 

ペイフォワード

 

だからボクはこの幸運をいくらかでも他の人に還元しています。

いろんな寄付の方法がありますが、ボクが現在主に使っているのが次の3つ。

 

国連UNHCR協会-japan for unhcr-

 

国連UNHCR協会は国連による難民支援団体です。

 

国境なき医師団日本

 

国境なき医師団は世界で医療活動を行う団体です。

 

日本対がん協会

 

日本対がん協会は、がん患者支援やがん撲滅活動を行っています。

日本人は統計的に2人に1人はがんになるので、その家族を含めれば、ほとんどの人が関係あるんですよね。

 

いずれの団体もクレジットカードでの寄付ができるので、ボクはその方法で毎月支払っています。

また、スマホで寄付できるなど、寄付しやすい環境を工夫しています。

 

こうやって堂々と寄付活動を公言すると、それを批判する人も出てくるんですが、そういうツマラナイ批判に負けること無く、ボクのこの活動を見て、一人でも多くの人が、

 

自分もやってみよう

 

と思ってくれる人が出てくることを願います。

自分は何もせずに批判だけする人間よりも、助け合える人間が一人でも多くいる世界の方が絶対に幸せで平和な世界だとボクは信じています。

そして、ボクの大切な友人たちもまた、そういう活動をしています。

やはり、自分だけのために生きる人よりも、誰かのために生きる人の方が、愛されるんですよ。

そういった友人たちを見て、ボクはつくづく人間って良くできているなと思っています。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp