読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ブログでおカネを稼ぎたい人に仕組みを説明するよ

SEO,ブログ,ネット収入 タブレット iPhone 書籍 辞書

国家の年金、個人の年金

一万円札

 

 

以前から書いているように、若い世代ほど将来もらえる年金は少なくなります。

これはつまり、歳を取ったら生活に困るということを意味します。

歳を取っても働けばいいんですが、人間の体は高齢になるほど壊れやすくなるので、そんなにうまくはいかないんです。

だから年金制度があるんですが、その年金制度自体が使い物にならなくなるんですね。

 

そこでボクが提唱しているのが、自分年金。

将来、体を酷使して働かなくてもある程度の収入が毎月入ってくる仕組みを作っておくんです。

方法はいろいろです。

例えば本を書いてヒットさせて印税生活を狙ってもいいでしょう。

でも確率は低いです。

印税を得ることは難しくないかもしれませんが、それが年金代わりになるレベルに到達するのは、かなりのヒット作品を書いたときだけ。

株式や不動産などに投資する方法もあります。

当然、リスクも伴います。

 

まあ、何をやってもラクで確実な方法なんて無いんですね。

で、ボクが提唱するのが、ブログ収入。

なぜならボクが実際に行っているからです。

そうです。このブログですよ。

 

以前、こんな記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

ブログで収入を得ることも、確実ではありません。

統計によれば、95%のブロガーのブログ収入は月に1000円以下だとか。

統計によりますが、まあ、そんなところでしょう。

しかし、言い方を変えれば、95%のブロガーは収入を得るために本格的な行動を取っていないだけです。

単に昨日の夕食の内容を書いたり、どこかに遊びに行って楽しかった感想を書いたり。

そんなブロガーが大半ですから、そりゃ稼げないのは当たり前。

逆に、きちんとブログ設計を行い、戦略を立てれば、収入はきちんと得られます。

実際、ボクは、ブログの収入で、家賃、光熱費、食費を賄っています。

すると、それ以外の給料などの収入は貯蓄や投資などに使えるわけです。

 

ブログのメリットは、とにかくリスクが少ない事

株式や不動産投資では元本割れのリスクがありますが、ブログで必要なコストはパソコンなどの入力機器と通信費と電気代くらいです。

ブログで失敗しても収入がゼロになるだけで、損失が膨らむ事は無いです。

 

だから、ボクは人にオススメしてるんです。

 

www.b-chan.jp

 

でも、そんなおいしい話なら他人に教えたら損するんじゃないの?

そう思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

 

www.b-chan.jp

 

ボクは、出会う人たちに自己紹介するときには、

 

「サラリーマン兼ブロガー」

 

と紹介するんですが、必ず聞かれるんですよ。

ブログで収入を得る方法を。

それだけ多くの人が関心を持っているんですよね。

 

そこで、今回は、ブログでの収入獲得法を全く知らない人に説明します。

 

ボクの現在のブログ収入源は次の5つ。

 

  • Googleアドセンス
  • Amazonアソシエイト
  • バリューコマース
  • 楽天アフィリエイト
  • iTunesアフィリエイト

 

Googleアドセンス

 

一般的に「アドセンス」と呼ばれたりしています。

ボクのこの記事の真ん中にひとつ、一番下に2つの四角い広告枠がありますよね。

これがアドセンスです。

Googleが運営しています。

アドセンスは読者がクリックすれば報酬が発生します。

アドセンスが素晴らしい点は、

  • 記事の内容によって広告の内容が変化する
  • 複数の広告主が競争入札することで単価の一番高い広告が表示される

と言う点です。

もちろんコンピュータ処理で瞬時に行われます。

つまり、ブロガーが特に小細工しなくても、できるだけ高い報酬を得やすい仕組みになっているのです。

会費は無料。

やらない理由は無いですよね。

 

Amazonアソシエイト、バリューコマース、楽天アフィリエイト

 

いわゆるアフィリエイト。

例えばこういうの。

 

 

アフィリエイトの場合はアドセンスと違って、広告がクリックされて、さらにその商品が売れなければ報酬は発生しません。

報酬率はアフィリエイトの種類によって違います。

例えば上記のiPad mini 4なら、今だと6万円くらいで売られています。

報酬率が1%なら600円ですね。

報酬ではなく定額で報酬が発生するモノもあります。

例えば、WiMAXのような通信業者の広告。

こういうのは広告がクリックされて、そこから契約が締結されれば、報酬として5000円くらいが入ってくることが多いです。

1日で10件の契約が結ばれれば、それだけで1日の報酬が5万円。

まあとりあえず生活には困りませんよね。

もちろんそうなるためにはそういう仕組みづくりが必要ですが。

上記のように、単に広告だけ載せても、まず売れませんよ。

売るためには売れるための書き方があるんです。

参考にしてください、この記事。

 

www.b-chan.jp

 

この記事を紹介したあとは、速読・速聴英単語シリーズがたくさん売れて、報酬が入ってきました。

 

iTunesアフィリエイト

 

AppleのiPhoneやiPadのアプリには有料のモノがありますよね。

それをブログで紹介して、その結果、クリックされてダウンロードされれば報酬が発生します。

こういうのです。

ウィズダムは今やiPhoneを代表する大人気英和・和英辞典アプリです。

持っている人も多いでしょうね。

 

ウィズダム英和・和英辞典 2

ウィズダム英和・和英辞典 2

  • 物書堂
  • 辞書/辞典/その他
  • ¥2,900

 

これももちろん、載せただけでは売れません。

きちんと紹介しないと。

というわけで、過去の記事を参考にしてみてください。

 

www.b-chan.jp

 

今はiTunesのアフィリエイトの仕組みはPHGと言う会社が行なっています。

 

iTunes Affiliate Program

 

 

個別の業者の使い方に関しては、いずれ書いていきたいと思います。

 

収入源の多様化

 

世の中にはAmazonが好きで楽天が嫌いな人もいれば、その逆もいます。

Amazonだけ、楽天だけ、の広告を載せていれば、どちらかを取りこぼすことになります。

できるだけ多くの人たちに選んでもらうために、ボクは複数の業者と契約しているわけです。

収入源の多様化ですね。

 

よく、ブログで稼ぐことを毛嫌いする人がいますが、ボクは気にしていません。

ビジネスの大原則は価値の等価交換です。

魚屋さんで300円で魚を買う人は、300円と魚を交換しているわけです。

もし魚の価値が200円しか無いとお客さんが思えば300円では買いません。

もし魚の価値が400円あると魚屋さんが思えば300円では売りません。

あくまでも魚屋さんとお客さんが等価だと思うから、300円と魚を交換するわけです。

 

理容室なら、商品は提供しませんが、髪を切るというサービスを提供します。

サービスとお金を交換するわけです。

 

ブログも同じ。

ブログに記事を書いても、その記事がつまらなければ人は見に来ません。

面白ければ人は集まります。

記事に価値があるかどうかです。

そして多くの人が集まれば集まるほど、広告がクリックされる確率、商品が売れる確率は高まります。

言うなれば、ブログで発生している報酬額は、そのブログの記事の価値を測る尺度になります。

面白い記事、役立つ記事を提供して報酬を得るわけです。

決して役に立たずにボロ儲けしているわけではありません。

 

 将来の生活不安、いや不安ではなく、実際に生活に苦しむ人はたくさん発生するでしょう。

将来ではなく、今でもそうだと思います。

だからこそ、ボクはより多くの人に、もっともっとお金を稼いで欲しいんです。

苦しむ人が減るんですから。

 

みなさん、ぜひ、ノーリスクのビジネスに参加してください。

 

最後にボクのお金に対する考え方を書いた記事を紹介しておきます。 

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp