読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

「おいしい話は他人に教えない」と考える人が失敗する理由

つぶやき SEO,ブログ,ネット収入 不動産 ビジネス

独り占めすることは実はおいしくない 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

世の中には人の役に立つノウハウを書いた本がいろいろあります。

人の役に立つセミナーを開いている人もたくさんいます。

 

そういうのを見て、

 

「うさんくさい。ホントに役に立つ事なら他人に教えず自分でやるはずだ!」

 

と言う人がいます。

 

ここで、人間を2つのタイプに分けてみましょう。

 

  • 幸運を自分だけで独り占めしたいAさんタイプ
  • 幸運を他人にも分けてあげたいBさんタイプ

 

例えば、10万円を拾って警察に届けたけど落とし主が現れず自分のモノになった場合。

ラッキーとばかりに、自分のために欲しいモノを買ったりおいしいモノを食べたりするAさん。

一方、Bさんは、色んな人におカネを拾った話をしてごちそうしたり、困っている人に寄付したりしました。

 

こんなことを繰り返したとしたら。

他の人はどう感じるでしょう。

 

Aさんに対しては、特に良い人だとは思わないでしょう。

しかしBさんに対しては良い人だと思う人は必ず出てきます。

 

長い期間、蓄積していくと、Aさんには人は寄って来ませんが、Bさんを慕う人は増えて、色んな人が集まってきます。

 

もし、経営者ならどうでしょう。

Aさんのように、自分の利益を最大化するために、なるべく他人のために役に立つことを考えなかったりケチったりすると、結果的には誰からも慕われません。

お客さんも定着しないので事業はうまく行きません。

Bさんのように、色んな人に分かち合うことを考える人は、目先の利益は取れないかもしれませんが、多くの人から慕われ、お客さんが集まるようになります。

結果として事業はうまく行きます。

 

ブログを書いているとわかりやすいです。

ブログのアクセス数を増やすための秘訣を書いてしまうと、それを色んな人が見て、相対的に自分の順位が下がってしまう。それを恐れるので、そういう記事を書かない人。Aさんですね。

そういう人のブログは誰の役にも立たないので、アクセス数は増えません。

逆に、ブログのアクセス数を増やすための記事を書く人、つまりBさんのブログは、役立つ記事を見たい多くの人が集まってきます。結果的に、Bさんのブログのアクセス数は大きく増えます。

 

最初の話に戻ります。

 

「うさんくさい。ホントに役に立つ事なら他人に教えず自分でやるはずだ!」

 

もちろん、そう思うのは個人の自由です。どんな生き方をするのも自由です。

でも、世の中の色んな分野で成功している人は、利益を独り占めしません。

たくさんの人に役立つからこそ、多くの人から慕われて支持されるのです。

幸運を他の人に分けるのは損、ではなく、他の人に分けるからこそ、本人も他の人も、みんなが幸せになれるのです。

 

この文章を書こうと思ったきっかけはこれです。

だから不動産投資は面白い?

 

ちょっと引用させてもらいます。

 

もし本当にそのように美味しい物件があるなら、私なら他人には紹介せずに自分で購入するでしょう。

 

はい。Aさんの発想です。

繰り返しますが、Aさんとして生きるのも、Bさんとして生きるのも個人の自由です。

しかし、うまく行きたいと願っているのであれば、Aさん的生き方をしていると失敗します。

もし、何かに行き詰まっている人がいたら、自分の利益を中心に考えていないかどうか、再考してみましょう。

たとえ損ばかりしていても、地を這うような生活をしていても、それが多くの人の役に立っているのなら、必ず報われます。

 

不動産の話の補足

 

ちなみにさっきの不動産の話には補足があります。

ボクは金融・不動産・保険系の経験者なので、ちょっと書いておきます。

世の中には急いで資金を必要とする人もいれば、急ぎでは無いけど、長期的な利益を求める人がいます。

おいしい利回りの不動産を売りに来た営業マンに、

「そんなにおいしい不動産なら他人に売らないだろ。」

と言ってしまうのは、間違いかもしれません。

なぜなら、その営業マンは資金を急ぎで必要としているかもしれないからです。

その場合、その営業マンにとっては、例えその不動産の利回りが良くても意味がありません。なぜなら利益を回収するのに時間がかかるからです。

売ってしまえば、すぐに利益が手に入ります。

営業マンは急ぎの資金が必要。

投資家は長期の高利回りが必要。

であれば、営業マンはおいしい不動産を売ることで目的を達成できますし、投資家はおいしい不動産を買うことで目的を達成できます。

まさに両者ともハッピー、win-winですよね。

なので、

「そんなにおいしい不動産なら他人に売らないだろ。」

と目先だけで決めつけてしまうのは、止めたほうが良いわけです。

目先で判断せずに、

「なぜこの営業マンは、こんなに利回りの良い物件を他人に売るんだろう?」

と中身を検証すべきです。

そうしないと、目先だけで怪しいと決めつけると、ホントに良い物件を逃してしまうかもしれないんですから。

 

いつものセリフをまた書きますよ。

 

人間も物事も外面では無く中身で判断するのが大切。

 

 

関連記事

物事の一面だけをとらえると間違えるお話 - 非天マザー by B-CHAN

カネ儲けは悪いことだと言っている人には、こう言ってあげよう。 - 非天マザー by B-CHAN

iPhone6が曲がるという騒ぎを見た人の反応で判断力がわかる - 非天マザー by B-CHAN

ボクが人生で一番感銘を受けた「7つの習慣」がKindle化されてスマートフォンやタブレットでも読める - 非天マザー by B-CHAN

本質で物事を考えよう、命を守るために(おかしな世の中をつぶやくシリーズ) - 非天マザー by B-CHAN

批判を自分の成長の糧にできる人とできない人 - 非天マザー by B-CHAN

目先で判断せずに統計学的に判断してみよう - 非天マザー by B-CHAN

大きな事件に目を奪われて判断を誤って命を落とすリスク - 非天マザー by B-CHAN