非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Microsoftの電子書籍ストアが撤退するのを見て思ったコト

電子書籍

 

 

世の中的には一番有名な電子書籍は、AmazonのKindleでしょうね。

ボクも、Kindleの電子書籍は大量に買ってきましたし、自分でも出版しています。

 

他には、Appleの電子書籍、Google、紀伊國屋書店、honto、eBookJapanなどですかね。

 

そんな中、このニュース。

 

pc.watch.impress.co.jp

 

 

Microsoftも、電子書籍ストアを持っていたんですね。

ボクは知らなかったので、使ったコトはありません。

使う前に終了です。

 

 

電子書籍と書店が紐付いている

 

 

Microsoftは、電子書籍から撤退するにあたり、購入代金を返還するようですね。

 

ほとんどの電子書籍は、書籍とストアが紐付いています。

例えば、Kindleで購入した電子書籍は、Kindle端末かKindleアプリでしか読めません。

他も同様です。

 

なので、Microsoftが電子書籍事業から撤退すると、Microsoftから買った書籍は読めなくなるわけです。

よって、代金を返還するわけですね。

 

過去にも、数々の電子書籍ストアが撤退していきました。

 

先日は日経ストアの電子書籍がhontoに引き継がれました。

eBookJapanはYahoo!と統合されて事業継続しましたね。

hontoも日本の電子書籍ストアとして長続きしています。

紀伊國屋書店もです。

楽天もですね。

 

ボクは単純に、AmazonのKindleが一番、撤退しにくいだろうと考えているので、多くの書籍をKindleで買っているわけです。

 

電子書籍って、購入と言っても、どちらかと言えば、その電子書籍ストアから本を借りるイメージですね。

いったん購入すれば、何度でもダウンロードできます。

しかし、撤退すれば、読めなくなります。

 

この仕組みが電子書籍のデメリットですね。

 

そのデメリットを持たない電子書籍ストアが、Discover21です。

 

www.b-chan.jp

 

 

今、電子マネーが乱立状態で、相互に互換性が無いモノが大半ですが、消費者にとっては使いにくいですよね。

それと同じで、電子書籍も、各社、互換性がありません。

 

いずれ、すべての電子書籍ストアがDiscover21のように、DRMを外して、さらに言えば、フォーマットも統一してくれれば、消費者にとってはメリット大なんですが。

 

例えば、楽天で買った電子書籍をAppleのブックアプリで読めるようになるとか。

そうすれば、自分の使いやすい読書アプリが使えるんですけどね。

 

あのMicrosoftですら撤退する市場なので、電子書籍はそうあるべきだと思います。

 

Kindleは事業に関しては安心感があるんですが、アプリは使いにくいんですよねえ。