非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

響~小説家になる方法~/柳本光晴著 読了

響と言う天才

 

 

響~小説家になる方法~/柳本光晴著を読了しました。

Amazonの電子書籍Kindle版で全13巻でした。

 

 

 

さくさく進んであっと言う間でしたが、それはもちろん、ストーリーがめちゃくちゃ面白いからですね。

ボクはこのブログでも何度か書きましたが、天才が登場する物語が好きなんですよね。

デスノートのLとか、三国志の諸葛孔明とか。

 

www.b-chan.jp

 

 

で、響~小説家になる方法~の主人公の、鮎喰響も天才なのです。

 

 

生き方の選び方

 

響は天才小説家で、それだけでもぞくぞくするんですが、ボクは生き方にもぞくぞくしたんですよ。

高校生活なので15歳から18歳までを描いているんですが、とにかく強い。

文字通り、ケンカが強いんですよ。

しかも、口ゲンカだけでは無く、殴る蹴るのケンカ。

でも、単に暴力的なケンカで相手を屈服させるのでは無く、いつも、説得させるんですよ。

つまり、暴力で勝って、頭脳で勝つ。

だから、ケンカの後は誰も敵にならず、みんなむしろ仲間のカテゴリーになる。

国家権力すら手なずける。

 

でも、最後に、人生の選択をする場面で、ボクはまたぞくぞくしました。

高校3年生は受験生なんですよ。

日本の多くの高校3年生は受験をするか就職するか。

 

響は言うんですよね。

今のこのタイミングで人生を決める必要は無い、と。

 

よく考えたら、こんな当たり前のコトをほとんどの人がしない。

みんなと同じように受験か就職。

 

響はもちろん、多くの人とは異なる選択をします。

それはネタバレになるので、ここでは書きません。

 

18歳時に受験か就職かなんてのは、ここ数十年間に構築されたシステムであって、それが正しいわけでも伝統でも何でもありません。

25歳で行き先を決めても30歳で行き先を決めても構わないはずです。

でも、それを許さない世の中の雰囲気があるんですよね。

それが生きづらい人をたくさん生み出す。

 

もうそろそろ、決まり切った昭和の価値観をやめません?

 

あ、話が逸れましたが、作品そのものは天才が爽快な後味を残してくれるので、モヤモヤしている人にオススメです。