非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

自粛したまま後悔して人生を終えると言うコト

高齢者

 

 

ボクの親は2人とも健在で高齢者です。

ボクは実家を離れて生きているので、たまに親の様子を聞きます。

昨日もたまたま話しました。

すると、この数ヶ月間、新型コロナウイルスのせいで自粛し続けているようです。

 

ここからは、世間に言いにくいコトもはっきりと言います。

 

人間はいつか死にます。

高齢者であれば、明日が人生最後の日かも知れません。

もちろん高齢者では無い人だって、明日、突然死するかも知れませんが、順番から行けば、高齢者が先に亡くなる可能性の方がずっと高いのです。

それは自然なコトなので隠すコトではありません。

70歳を超えていれば、いつ寿命が尽きてもおかしくありません。

 

みなさん、新型コロナウイルスの死者数を知っていますか?

現時点で1319人です。

多いと思うかも知れませんが、日本では2019年に138万人が亡くなっています。

これは1日あたり3700人ほどです。

新型コロナウイルスが無くても、日本では毎日平均3700人が亡くなっているのです。

一方で新型コロナウイルスは8ヶ月間で1319人。

1日あたり5.5人ほどです。

ざっくり言うと、毎日3700人から3705.5人になった、と言う計算です。

割合で言えば、新型コロナウイルスによる死者は、0.15%の増加。

要は、1000人に2人も増えていません。

新型コロナウイルスの死者は大半が高齢者であり、ボクが調べた限り、20歳未満はゼロ、30歳未満も1人だけ、その1人も、もともと持病持ち。

 

もともと1000人が死ぬ生活から、コロナの影響で1002人弱が死ぬ生活に変わったと考えればわかりやすいでしょうか。

 

 

自粛による後悔

 

 

ボクは、高齢者の人には、残りの人生をできるだけ好きなコトをして、後悔の無いように生きて欲しいです。

新型コロナが無ければ1000人。

新型コロナがあれば1002人。

どっちも死ぬ確率はほぼ変わらないのです。

 

なのに新型コロナウイルスを避けるために自粛。

 

このまま自粛したまま人生が終わる確率も、自粛せずに自由に行動して亡くなる確率も、ほとんど変わらないのです。

その差、たったの0.15%。

死ぬ確率がたったの0.15%増えるだけで、それを恐れて、残りの人生を自粛して、例えば1週間後に亡くなったら、どれほど後悔するでしょうか。

どうせ1週間で亡くなるのなら、自粛よりも、好きなコトをして欲しかったな、と思いませんか?

 

もし、コロナの危険性がすごく高いのであれば、ボクも自粛をススメます。

でも現実は、自粛してもしなくても、高齢者が亡くなる確率なんてほぼ変わらない。

 

なのに残りの人生でやりたいコトをやり残す意味はあるでしょうか。

後悔が無いように自由にやりたいコトをやるのも、自粛するのも、死亡リスクはほぼ同じ。

なら、自由に行動させてあげたいのです。

これは、世の中のすべての高齢者に言えます。

コロナは最大のリスクではありません。

数値を見れば明らかです。

コロナが無くても、明日、死ぬかも知れません。

 

ああ、どうせ死ぬのなら、最後に好きなコトをさせてあげたかったな。

 

そう思っても手遅れです。

 

8ヶ月過ぎたのに、未だに潜伏期間が、と言っている人がいます。

いったい、何ヶ月、潜伏させる気でしょうか。

 

もちろんコロナのリスクはゼロではありません。

1人でも死ぬ可能性があるじゃないか!

と言う人もいます。

でも1人でも死ぬのを避けるなら、インフルエンザも交通事故もコロナ以上に大勢の人が亡くなるんだから、永遠に自粛する必要があります。

 

繰り返しますが、人間は死ぬ生き物です。

1人でも死ぬのを避けるべき、と言うのは不可能です。

死ぬリスクを避けるために一生、自粛し続けるか。

それとも、ほとんどリスクが変わらないのであれば、後悔の無いように生きるか。

 

若い人はほぼ死なない新型コロナウイルス。

高齢者は新型コロナがあっても無くても死亡リスクはほぼ変わらない。

 

それでも、自粛すべきですか?

 

もし、親がこのまま自粛したまま、

 

「ああ、あそこへ行きたかったな。」

 

と思い残して死ぬと、本人もボクも後悔するでしょう。

自粛してもしなくても死ぬ確率がほぼ変わらないのであれば、たった一度の人生、後悔の無いように生きるべきなのでは?

 

もし、0.15%の確率ですら避けたいのであれば、交通事故などはもっと高い確率なので、コロナが消えた後も自粛を続ける人生になりますよ?

 

最初に書いたように、日本では年間に138万人が亡くなり、これは人口の1%を超えています。

自粛してもしなくても、コロナがあっても無くても、ボクたちは1年間に1%の確率で亡くなるんです。

人間も生き物なので、死ぬ確率をゼロにはできません。

 

自粛して安全性がずっと高まるのであればボクも自粛をススメます。

でも、死者数が0.15%しか変わらない状況で、人生の最後に後悔してほしくはありません。

交通事故で死ぬ確率はコロナより高いですが、それでも多くの人は、それを理由に自粛なんてしないでしょ?

 

コロナは感染するだろ!

 

と言う人がいますが、感染するにも関わらず、コロナの死者数はたったの0.15%の影響しか無いんです。

交通事故死より少ないわけです。

しかも、命を落とすのに感染も事故も関係ありません。

感染で死ぬのはイヤだけど、事故で死ぬのは構わない、なんてコトは無いでしょ?

 

ホントに、より危険な交通事故やインフルエンザは恐れないのに、それより死者が少ないコロナだけ恐れて、自粛したまま人生を終えてしまう。

 

もちろん、そう言う選択をするのは自由でしょう。

でも、ボクは、ほぼ無意味な数値に振り回されて、たった一度の人生を後悔して終えて欲しくは無いと思っています。

 

マスコミは視聴率を稼ぎたいので、死亡者数よりも感染者数ばかりをセンセーショナルに報道します。

実際には感染しても感染してもほとんど死なないですし、インフルエンザの方がたくさん死んでいるのに。

 

残りの大切な人生をマスコミによってコントロールされる。

絶対にそれは避けたいのです。

 

www.b-chan.jp