非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ダイエットをラクにするために気付かされたコト

ダイエットの常識

 

 

ボクはダイエットが趣味です。

 

数年前に、こんな記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

 

1年間で17kgもやせたり、3ヶ月ほどで10kgほどやせたり。

しかし、やせているコト自体が目的では無いので、ダイエットが終わったら、普通に甘いモノなどを食べて、また太ります。

要は、10kg単位で太ったりやせたりを繰り返して実験しています。

 

ボクの身長は179cm。

今は太っている状態で、体重は78kg。

標準的な体重ですね。

やせているときは60kg台前半まで落ちるので、見た目もけっこう変わるんですよね。

ガリガリ。

 

で、これからのダイエットをどうしようかと考えていたときに、たまたま、興味深い記事を見かけたんです。

 

 

食品のエネルギー密度

 

 

ダイエットって、要するに、

 

  • 摂取カロリーを少なくする
  • 空腹と戦う

 

これに集約されますよね。

食べ過ぎたら太るし、食べなければやせるけれど、食べなければ空腹がツラい。

 

であれば、食べても摂取カロリーが少なければ、空腹と戦わずに済みます。

 

それを助けるのが、食品のエネルギー密度なんですね。

 

カンタンに言えば、同じ量の食べ物でも、含まれるカロリーは異なりますよって話です。

 

例えば、3種類の食品があります。3種類とも重さは300グラム。

でも、

 

  • 食品Aは1000キロカロリー
  • 食品Bは500キロカロリー
  • 食品Cは100キロカロリー

 

であれば、同じ300グラムを食べても、食品Aが一番太ります。

たくさん食べて満腹にしつつ、摂取カロリーを少なくするには、食品Cを食べれば良いんですね。

 

空腹をガマンする空腹をガマンする必要が無く、しかも、カロリーも少なくて済む。

最高じゃ無いですか。

 

エネルギー密度が高い食品は、牛肉、豚肉、鶏肉、卵、パン、チョコレートなど。

エネルギー密度が低い食品は、玄米、麦、豆類、魚、野菜など。

 

やせたくて、でも、満腹にしたければ、豆や魚や野菜を食べろってコトですね。

ボクが上に貼った記事に載せた、刻みキャベツ、ツナ缶、豆腐は、いま考えても、良い食べ合わせですねえ。

実際、おいしくて、満腹になって、エネルギー密度が低いです。

毎日、キャベツだと飽きるので、日によって野菜や魚を替えても良いですし、豆腐の代わりに納豆にしたり。

 

これから夏に向かって気温も上がるので、温かくないこの料理でも大丈夫だと思いますよ。

温かいのが欲しければ、玄米ごはんを食べれば良いですしね。

 

チョコレートで空腹をごまかすくらいなら、ナッツを食べましょう。

 

と言うわけで、ボク自身のためにも、ここに書き記しておきます。