非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ウォーキングダイエット

運動しても体重は落ちない説

 

このブログで何度もダイエット記事を書いていて、ボクも2013年と2018年に体重を15kg減らしています。

やればできるんですね。

サボれば太りますが。

 

ダイエットの基本は食事です。

摂取エネルギーが消費エネルギーを下回れば、確実にやせます。

当たり前ですね。

これが基本。

だから、日常生活では、

 

  • 食べる量を減らす(摂取カロリーを減らす)
  • 運動する(消費カロリーを増やす)

 

の2点を心がけるしかありません。

で、ボクが15kgもの体重を減らしたのは、主に食べ物です。

なぜなら、運動で減らせるカロリーは大きくないからです。

 

運動では、やせるコトよりも、太りにくい体質を作るコトを心がけます。

なぜなら、筋肉は代謝量が大きいので、筋肉が増えるほど、消費カロリーが増えるからです。

成人男性の1日の消費カロリーは、人によりますが、だいたい2000kcalです。

 

体重×30です。

 

体重70kgなら2100kcalですね。

 

この数値が、筋肉が多い人は増え、筋肉が少ない人は減ります。

なので、運動しない人は、やせにくい身体になるわけです。

 

 

ウォーキング

 

 

ボクは不定期にジョギングをしていますが、疲れている日は歩きます。

今日のウォーキングパターンがこれ。

ウォーキング

 

 

約10kmほどのウォーキング。歩数は約1万2千歩。

消費カロリーは5kcal強。

体重からすればやや少なめに表示されていますね。

 

さっき、1日の消費カロリーが2000kcalほどだと書きましたが、このウォーキングだけで500kcal以上も上乗せできました。

ご飯で言えば、茶碗3杯分ほどです。

 

ボクは、コメはほとんど食べない生活ですが、一般の人は毎日、ご飯を食べますよね。

10kmのウォーキングで、それを帳消しにできますし、ジョギングなら、もっと短時間で済みます。

 

ボクのようにコメを食べない生活は、ある程度、忍耐が必要です。

どうしても、食欲が出てきます。

朝昼晩の3食のご飯を省略すれば、10kmのウォーキングに匹敵する摂取カロリーの節約になるので、手っ取り早いんですが、意思との戦いです。

どうしても食べたい場合、その分を運動で取り返す。

 

年齢が上がると基礎代謝は落ちます。

2013年のボクと今のボクとで6年の差があります。

当然、食事だけでダイエットするのは難しくなってきました。

なので、ウォーキングやジョギングで、直接的にカロリーを消費すると共に、筋肉を付けて代謝を良くする。

人間の身体で一番大きな筋肉は足にあります。

だから、ウォーキング・ジョギングで下半身を鍛えるコトは効果的です。

筋トレと違って、歩くだけで実行できるのもメリットです。

時間がある人は、通勤電車を1つ前2つ前の駅で降り、自宅まで歩いて帰ってくるのが良いでしょう。

 

ちなみに、ボクは、セブンイレブンで売っている、このサイダーで空腹をごまかしています。

カロリーゼロで食物繊維も入っていて、食事ダイエット向きです。

昨年の15kg減量では大活躍でした。