非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

3メートルのLightningケーブル

ベッドでのiPhone充電

 

 

最近、日本の経済関係の話が続き、書くボクも疲れるので、久しぶりに、iPhoneネタ。

久しぶりでも無いですが。

 

ボクは、デスクでは、スタンド型のQi(非接触)充電器をメインに使っています。

 

www.b-chan.jp

 

 

スタンド型充電器はLightningケーブル不要でiPhoneを置くだけ、しかも顔の真正面なので、顔認証がカンタンに行えます。

明らかに指紋認証よりもラクです。

 

ただし、これを24時間使えるわけではありません。

 

寝ている間の充電はケーブルで行う必要があるからです。

 

 

3メートルのケーブル

 

 

ボクは寝る前は読書をし、そのまま寝落ち、と言うパターンが多いです。

あるいは、今後、睡眠アプリを使うコトを考えています。

かの有名な、こう言うアプリですね。

 

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

  • Sleep Cycle AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

これは、iPhoneを充電しながら、枕元に置いて眠る必要があります。

なので、スタンド式のQi充電器は使えません。 

ケーブル接続が必要なのです。

過去、何度も何度も、ベッドでのケーブルを買い、しばらく使っては断線しました。

強化型のケーブルを使っても、それなりの期間で断線します。

いつも、2メートルのケーブルを使っていました。

かなり長いですよね。

この長さなら、ケーブルを繋いだままあいふぉーんを手に持って、寝返りを打つコトが可能です。

それでも、寝返りを繰り返すのは、やはりケーブルやコネクタ部分に負荷がかかり、いずれ破損するわけです。

 

今まさに、ケーブルが破損し、ベッド用のケーブルが無い状態。

そこでまた、ケーブル選び。

 

今回、新たに注文したのは、3m(メートル)のケーブルです。

 

 

 

iPhoneユーザーのみなさん、3メートルと言う長さのケーブルを使ったコトはありますか?

実はボクも初めてです。

これだけの長さがあれば、寝返りを打っても、さらに負荷がかからないだけの余裕があるはずです。

明日のうちに到着します。

到着したら、あらためて、使い勝手でも書いてみようかと。

 

そんなわけで、今回は、単なるケーブル選びネタ。

それでも、あれこれと考えた、と言うお話でした。