非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

トラックポイントについて

トラックポイントとは

 

 

トラックポイントを溺愛する人はたくさんいます。

トラックポイントとは、ThinkPadと言うノートパソコンに搭載されているコトでおなじみの赤い色のコントローラーです。

 

pc.watch.impress.co.jp

 

 

ボクもThinkPadユーザーだったコトもあるので、トラックポイントの使い勝手に関しては、深く理解しています。

トラックポイントは、マウスカーソルを動かすツールで、上下左右斜めに押すコトで、その方向にマウスカーソルが移動します。

弱く押せば、カーソルはゆっくりと動き、強く押せば速く動きます。

そのように速度の変更が可能であり、微妙な操作が可能なので、好評を得ているわけです。

 

ボクは、WindowsパソコンとMacの長年のユーザーであり、何台ものWindowsパソコンや何台ものMacを使ってきました。

 

そんなボクが現時点で最高のコントローラーだと思っているのが、何を隠そう、トラックポイントでは無く、MacBookシリーズに搭載されているトラックパッドです。

 

www.b-chan.jp

 

 

位置を操るか向きを操るか

 

 

トラックポイントとトラックパッドの最大の違いは、向きを操るか、位置を操るかと言う点です。

トラックポイントは上下左右斜めに押すコトで、カーソルが移動する向きと速さを調整します。

トラックポイントを動かすコトで、カーソルを目的地に向かわせるわけです。

 

一方、トラックパッドは、触れる位置によって、カーソルの位置を決めます。

トラックパッドの上で指を左端から右端に動かせば、カーソルの位置も移動します。

一瞬で指を動かせば一瞬でカーソルも動きます。

わかりやすく言えば、トラックパッドはスマートフォンのタッチパネルと同じです。

指の位置が重要です。

 

トラックポイントは指を押す「方向」からカーソルの移動「方向」が決まり、その結果として「位置」が決まります。

しかし、トラックパッドは指の「位置」そのものがカーソルの「位置」になります。

だから、トラックポイントで絵を描くコトは難しいですが、トラックパッドで絵を描くのはトラックポイントと比べると容易です。

最近のMacBookシリーズのトラックパッドの面積が非常に大きいのは、それがタッチパネルと同じ役割を果たすからです。

 

iPhoneのタッチパネルやMacのトラックパッドが登場するまでは、ThinkPadのトラックポイントはボクにも使いやすいコントローラーでした。

しかし、現時点では、指の位置をそのまま画面の位置に変換できるトラックポイントの方が優れていると言わざるを得ません。

実際に使っていてそう感じます。

WindowsパソコンにもMacのトラックパッド並みのコントローラーが登場すれば良いのですが、Windowsパソコンはメーカーが膨大な数に上るので、Macのようにハードとソフトが緻密に一体化した設計は難しいんですよね。

また、トラックパッドは2本指でカンタンに拡大縮小や回転が可能です。

詳しくは上に貼った記事の動画を見てください。

実は、マウスと言う道具もトラックパッドと同じで、位置を表します。

そう言う意味では、マウスはトラックパッドと同様に使いやすいんですが、残念ながら、マウスでは2本指での拡大縮小回転などのマルチタッチジェスチャーが難しいんですね。

 

Windowsのノートパソコンにもタッチパッド(Macで言うトラックパッド)が搭載されていますが、Windowsパソコンの場合は、さっきも書いたように、OSとハードを異なるメーカーが作っているコトがほとんどなので、タッチパッドが使いにくいんですよね。

だから、多くのWindowsノートパソコンユーザーはタッチパッドを使わずに別途、マウスを使うわけです。

しかし、別途、マウスを使うには余分なスペースと荷物が必要となり、モバイルとしては、ちょっと残念です。

よく、カフェや色んな記者会見場にMacBookを持ってきている人を見かけますが、あれば、単にカッコつけているのでは無いのです。

Macのトラックパッドの操作性が非常に良くてマウスを持ち歩く必要が無いから、モバイル向きなんです。

Windowsでマウスの代わりになりそうなのが、冒頭か書いているトラックポイントなんですが、位置を入力するマウスやトラックパッドと比べて、方向を入力するトラックポイントは、位置決めでは一歩、見劣りします。

 

とは言え、人それぞれの好みもあるでしょう。

とりあえず、一通り、経験してみるコトをオススメします。

それも、ちょっと触る程度では無く、使い慣れる程度に。

特に、MacはWindowsと比べてユーザー数が少ないので、Macのトラックパッドを経験した人も少ないでしょう。

ちょっともったいないと思うんですよね。

少なくとも、iPhoneのタッチパネルの操作性が良いと思う人は、Macのトラックパッドもほぼそれと同等なので、好感が持てると思います。

 

ボクの中では、トラックポイントは、iPhoneやトラックパッド登場以前の優れたモバイル向け入力装置だと言う認識です。

 

時代とともに、優れた機器もどんどん登場します。