読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

次世代12インチのMacBook Airは今の11インチモデルの大きさで実現できる

パソコン

次世代MacBook Airは12インチ?

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

昨日、新型MacBook Airの記事を書きました。

 

新型MacBook Airは明日発売らしい - 非天マザー

 

そうしたら、記事を書いた直後に、新型MacBook Airが発表されました。

 

MacBook Air - ノートパソコンの購入 - MacBook Airの購入 - Apple Store (Japan)

 

今回の新型は従来と同じ筐体でスペックアップのみにとどまりましたね。

 

でも、次世代のMacBook Airは12インチ画面になり、Retinaディスプレイが搭載されるとウワサされています。

現行が11インチと13インチの2モデルなので、統合されるわけです。

13インチモデルのユーザーから見れば、画面サイズが小さくなることで狭くなって不便になると心配されそうですが、Retina化することで解像度が飛躍的に上がるので、実際には作業領域は格段に増えます。

一方、11インチモデルのユーザーから見れば、コンパクトさが失われるのでは、と心配になりそうです。

ボクも11インチモデルのユーザーなので、そう思いました。

でも、実際に寸法を測ってみて考えが変わりました。

 

実は、11インチと呼んでいるのは正確には11.6インチです。

一方、12インチと言っても一般的には12.1インチの液晶パネルが多く使われています。

なので11インチモデルから12インチモデルへの変更は、0.5インチしか変わりません。

 

この写真が現行の11インチのMacBook Airです。

MacBook Air11インチ

 

それに12.1インチの画面を無理やり当てはめてみました。

MacBook Air12インチ

 

どうですか?

技術的には、現行の11インチモデルの筐体の大きさを変えずに12インチモデルができそうですね。

以前にも書いたんですが、Macの長所のひとつが、どのモデルでもキーボードは標準サイズ(19mm幅)が確保されている点です。

つまり、本体は小さくてもキー入力は快適です。

 

VAIO Proの11インチ版の惜しい点 - 非天マザー

 

そう考えると、11インチモデルから12インチモデルになっても筐体が大きくなるなどのデメリットはなさそうですよね。

 

ちなみに13インチモデルは正確には13.3インチあります。

13.3インチの画面は、さすがに11インチモデルの筐体には入りきりません。

 

というわけで、次世代MacBook Airは12インチで統一。

そんな期待があらためて湧いてきました。

 

余談ですが、1インチは約2.54cmで、画面サイズは画面の対角線の長さのことを言います。

良ければ覚えておいてください。

 

関連記事

MacBook Airの13インチと11インチとで迷っている人への、こんなオススメ解決法 - 非天マザー