非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

カネ儲けは悪いコトだと言う人がブラック企業を生み出す

大企業

 

 

ボクは今までの人生で実に様々な職環境を経験しました。

上場大企業、外資系、ベンチャー、中小、零細、違法企業、反社会勢力。

 

www.b-chan.jp

 

 

ブラック企業が問題になっている社会ですが、概ね、大企業ほどホワイトになりやすく、零細企業ほどブラックになりやすいと思います。

一概には言えません。あくまでも傾向です。

 

それには理由があります。

大企業ほど、稼ぎやすいからです。

 

多くの人は大企業を選ぶんですよね。

そりゃそうです。得体の知れない企業の商品よりも、有名な企業の方が安心ですから。

もちろん大企業だから安心とは限りませんが、見知らぬ企業より安心である可能性は高いですからね。

新興企業や零細企業は営業に苦戦しますが、大企業なら、待っていてもお客さんが来るコトが多いです。

ボクも十分に経験済みです。

 

必然的に、同じ収益を生み出すためにも、零細企業の方が高コストになります。

つまり、同じだけ働いても儲けが少ない。

言い方を変えれば、同じだけ儲けようと思えば、もっとたくさん働く必要があるんですね。

それが零細企業の宿命。

 

 

カネ儲けの本質

 

 

たくさん働く必要がある、とか、儲けが少ない、と言うのは、まさにブラック企業の特徴です。

企業の成果はおカネに換算されます。

例えば、労働環境を良くしようとして、快適なエアコンを導入した場合は、エアコンの設備費用と光熱費がかかります。

つまり、おカネです。

キレイで快適なトイレを備えるにはおカネがかかります。

高い給料を払うためには、文字通りおカネがかかります。

逆に、企業がたくさんのカネを稼げれば、労働時間を短縮するコトが可能です。

企業に潤沢な資金があれば、人をたくさん雇えるので、従業員の負担は減ります。

 

このように、ブラック企業の解消は、言い換えれば、おカネの量に大きく左右されるのです。

大企業は資金が潤沢なので、ホワイトな環境を作りやすいんですね。

 

だからこそ、ボクがずーっと言い続けているコトをもう一度言います。

 

www.b-chan.jp

 

 

カネ儲けは悪いコトではありません。

そもそも、カネ儲けは目的では無く手段です。

寄付をしよう。ブラックを解消しよう。家族にラクをさせてあげよう。後輩にごちそうしよう。

カネと言う「手段」を使うコトによって、様々な「目的」を達成するコトができます。

 

こう書くと決まって、

 

カネが全てじゃない!

 

と言う人がいるんですが、そんなコトいちいち言わなくてもわかりきっていますし、ボクもどこにもカネが全てなんて書いていません。

あくまでも手段だと言っています。

それをどう使うかが大切なのです。

 

なのに、何を勘違いしたのか、カネ儲けが悪いコトと言ってしまう人がいるんですよね。

その人たちにこそ言いたい。

 

カネ以外が全てなのか?

 

と。

世の中には幸せを実現するための色んな手段が存在して、その中のひとつがカネと言うだけのコトです。

正しい目的を達成するために色んな手段を使うのは当然であり、カネ儲けが悪いと言う根拠の無い思い込みのために、目的が達成できないのなら、それこそ不幸ですよね。

 

カネ儲けが悪いのは、

 

  • 悪いコトをしてカネを稼ぐ
  • 稼いだカネを悪いコトに使う

 

場合です。

自分が知恵を絞り、誰かの役に立ち、その結果、大金を稼いだのなら、それは堂々としていれば良いのです。

それ自体が目的では無いんですから。

 

ブラック企業はけしからん!と言いながら、カネ儲けは悪いコトと言う矛盾。

 

ではどのようにブラックを解消するんでしょうか。

魔法でも使うんでしょうか?

 

しっかり稼いで、それを従業員のために還元する。

すばらしいじゃないですか。

 

目的と手段を取り違えないように。