非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

机上台のススメ

ワークテーブル

 

 

ボクにとって自宅とは、作業する場所および寝る場所です。

なので、自宅にはモノがほとんどありません。

パソコンを置くデスクとベッドくらいです。

テレビも持っていません。

シンプルです。

 

数年前に、こんな記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

 

非常にシンプルなワークテーブルを使っています。いまも使っています。

幅は180cm、奥行きは70cm。

脚が4本あるだけで、他に何も無いシンプルなデスクです。

 

上記の記事から数年。

環境が変わりました。

 

 

机上台

 

 

MacBook Airをメインマシンとして使っていたんですが、今はiMacです。

3画面体制です。 

3画面体制

 

 

真ん中が27インチのiMac、左が21インチ縦、右が21インチ横です。

3画面になると、デスクの上が狭くなります。

狭い面積を有効に使うための方法は立体化です。

そこで、写真にもあるように、机上台を買ったわけです。

 

 

 

 

これを、まとめて3個、買いました。

この机上台の1個の幅は59cm。3個だと177cm。まさにちょうど良いサイズ。

 

これを使うコトで、3台のディスプレイがそのまま空中に移動し、真下のスペースを使えるようになりました。

ボクは、真ん中に作曲用キーボード、左側にAmazonのFire HDタブレット、右側にオーディオインターフェースとMacBook Airを収納しています。

 

ちなみに、3画面のうち、右側の画面はアームを使って空中に浮かせてるので、机上台の上もフルに使えます。

そのときの記事はこちらです。

 

www.b-chan.jp

 

 

ボクは自宅にいるときは、このデスクで大半を過ごすので、こうやって機能的にセッティングしました。

ここにいる以外はベッドで就寝です。

 

こんなに大きなデスクを置く場所が無い、と言うあなた。

ボクはその代わり、テレビを捨てたのです。すでにテレビを見ずに軽く5年以上経過しました。

テレビ無し、紙の書籍もほとんど無し。

とにかく、あらゆるモノをデジタル化して、このデスク周りに集約。

それで、部屋もスッキリ。

 

ピンと来たあなた。マネをしてみませんか。