読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

一般のスマートフォンユーザーへ。街や店にある無線LAN(Wi-Fi)スポットに接続する前にこれだけは知っておいて!

パソコン iPhone スマートフォン

Wi-Fiスポットが増えすぎて危険

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

街を歩いていたり店に入ると、無線LAN(Wi-Fi)スポットだらけです。

無料のモノもたくさんありますが、下手に接続すると、とても危険なこともあるので、基礎知識を持っておきましょう。

専門的な知識ではなく、一般の人向けになるべく簡単に書いてみます。

ここではiPhoneの画面で説明します。

iPhoneの「設定」アプリを起動して「Wi-Fi」をタップすると、Wi-Fiの画面になります。

まずは一番上のWi-Fiスイッチをオンにしましょう。これでWi-Fiが使えます。

Wi-Fiオン

 

暗号化されているWi-Fiスポットと暗号化されていないWi-Fiスポット

 

Wi-Fiがオンになると、いろんなWi-FiをiPhoneが察知します。

ホントに街にはWi-Fi電波だらけです。

いろんなWi-Fi

 

その中で、カギのマークがあるWi-FiとカギのマークがないWi-Fiとか存在します。

カギのマークのあるWi-Fiは暗号化されています。

カギのマークのないWi-Fiは暗号化されていません。

暗号化の有無

 

暗号化されているWi-Fi

 

では、暗号化されているWi-Fiとはどういうモノでしょうか。

次の図を見てください。

暗号化されているWi-Fi

 

暗号化されていると通信経路の中身が見えません。

不透明なパイプの中をデータが走っていると思ってください。

不透明なパイプなので外からは中を見ることができないわけです。

これによって安心して通信を行えますね。

安全(セキュア)なWi-Fiスポットだと言えます。

 

暗号化されていないWi-Fiスポット

 

一方、無料で使えるフリーWi-Fiスポットには暗号化されていないモノが多いです。

では、暗号化されていないとどうなるでしょう。

こうなります。

暗号化されていないWi-Fi

 

パイプが透明なので、外から中のデータが見えています。

これはマズイですね。

でも、実はこの図は大丈夫。

なぜなら、パイプは透明ですが、中のデータが暗号化されているからです。

パイプは透明なので、外から中のデータは見えるんですが、データ自体が不透明なので、結局、データの中身は外からは読み取られません。

Wi-Fiが暗号化されていなくても、中を通るデータが暗号化されていれば読み取られる心配は無いわけです。

ただし、外側のパイプは透明なので、誰かが中のデータを持って行くことは可能です。

うまく言うのは難しいですが、パイプの外から写真を撮られてしまう感じですね。

まあ、データを持って行かれたからといって、そのデータは暗号化されているので、読み取られる心配は無いんですが、何となく不安です。

 

暗号化されていないデータ通信

 

一番ダメなのは次のパターン。

何も暗号化されていない

 

Wi-Fiが暗号化されていない、つまりパイプが透明で、さらに、中のデータも暗号化されていないパターンです。

これだと、外から、データの中身が丸見えです。

暗号化されていないWi-Fiスポットを使って暗号化されていないデータを送受信するのは、街の中で個人情報を見せびらかしながら歩き回るようなモノです。

絶対にやっちゃダメです。

 

データの暗号化の有無を知る方法

 

外側のWi-Fiの暗号化はカギのマークの有無でわかると書きました。

では、データのやりとりが暗号化されているかどうかは、どうやってわかるのでしょう。

例えば、一般的なメールはほとんどが暗号化されて送受信されます。

Webサイトはどうでしょうか。

これは機種によってまちまちなので一概には言えないんですが、ここではiPhoneのSafari、MacのSafari、WindowsのInternet Explorerの画面を載せます。

基本的にはURLの欄にカギのマークがあれば暗号化されています。

 

iPhone

暗号化されているページではカギのマークが確認できます。

iPhone暗号化なし iPhone暗号化あり

 

MacのSafari

ここでもカギのマークがあります。

またURLの先頭がhttpではなくhttpsになっています。

MacのSafariの暗号化

 

WindowsのInternet Explorer

これまたカギのマークがあります。

同じようにhttpsです。

WindowsのInternet Explorerの暗号化

 

どう対応すれば良いか

 

ここまでまとめると、

 

  • Wi-Fi通信には暗号化されたモノと暗号化されていないモノがある。
  • 通信を通るデータには暗号化されたモノと暗号化されていないモノがある。
  • 暗号化されているモノにはカギのマークが付く。
  • 暗号化されているWebページのURLはhttpではなくhttpsである。

 

基本的には中のデータが暗号化されていればWi-Fiが暗号化されていなくても問題ないという言い方ができます。

でも、一般の多くの人はいちいちURLの欄にカギのマークがあるかどうかなんて、いちいち確認しませんし、気付きにくいです。

また、個別のアプリなどでは、そんな表示が無いので、データが暗号化されているのかどうかも不明です(たいていは暗号化されているはずですが)。

なので、できれば、暗号化されていないWi-Fiスポットには接続しないようにしましょう。

 

iPhoneのWi-Fiダイアログ画面を表示させない

 

なお、iPhoneでは、Wi-Fiの電波を見つけるたびに、画面に次のようなダイアログ画面が表示されます。

Wi-Fiダイアログ

 

このダイアログ画面をタップすれば、表示されているWi-Fiスポットに簡単に接続できますが、暗号化されていないWi-Fiスポットにうっかり接続してしまうこともあるので、ボクはこのダイアログ画面が出ないように設定しています。

設定の仕方は、「設定」アプリから「Wi-Fi」へと進んで、「接続を確認」のスイッチをオフにするだけです。

Wi-Fi接続を確認

 

 

ホントはWi-Fiスポットを使わなくても携帯電話回線だけで済めばいいんですが、携帯電話会社は1ヶ月に通信量が7GBを超えると制限をかけるなど、使いにくいです。

どうしてもWi-Fiスポットと付き合う必要が出てくるでしょうから、今回の知識を身に付けて気を付けて使ってくださいね!

 

関連記事

災害用統一無料無線LAN"00000JAPAN"で火事場ドロボウが大量発生の予感 - 非天マザー by B-CHAN

無線LAN(Wi-Fi)電波を簡単にパワーアップして遠くへ飛ばす方法 - 非天マザー by B-CHAN

コンピュータに詳しくない人へ。インターネット史上最悪のOpenSSLの脆弱性のニュースをわかりやすく書いてみました。ほとんどすべての人に影響します。 - 非天マザー by B-CHAN

ボクが自宅のインターネットに光ファイバーでは無くWiMAXを使うたくさんの理由 - 非天マザー by B-CHAN