非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

頭脳戦コミック

天才

 

 

ボクは小説でも漫画でも、頭脳戦を繰り広げるタイプが好きです。

推理小説とか。

今回は久しぶりにコミックの話題。

 

ここ数年は本はほぼ100%、電子書籍です。

大半はAmazonのkindleです。

iPhoneでその場で購入クリック、即ダウンロード、で、いつでもどこでもすぐに読めます。

また、昔と違って、電子書籍が普及してきたので、市場が大きくなり、紙の書籍よりも単価が下がっているのも嬉しいところ。

 

頭脳戦のコミックを探すと、名作がぞろぞろ出てきます。

 

ボクが人生で、1、2を争うほど好きな頭脳戦コミックが、デスノート。

 

 

 

 

内容については書きませんが、とにかく天才同士の駆け引きが楽しすぎ。

デスノートを読まずして頭脳戦コミックを語るべからず。

 

もうひとつの頭脳戦コミックの雄が、ナニワ金融道シリーズ。

作者の青木さんはとっくに故人ですが、今でもシリーズは作られています。

最新版は、これ。

 

 

 

 

ザ・ナニワ金融道は最新版ですが、過去の登場人物やストーリーとつながりがあるので、知らない人はできれば、オリジナルのナニワ金融道から読んでください。

 

他にもたくさんありますが、それはまた後日、紹介します。 

 

 

約束のネバーランド

 

 

そんなボクが最近、知ったのが、少年ジャンプで連載中だと言う、こちら。

 

 

 

 

ボクは、少年ジャンプと言う週刊誌は、その名のとおり、少年向けだと思うんですが、さっきのデスノートも含め、レベルが高すぎると思うんですよね。

少年向けと言うより青年向け。

この、約束のネバーランドも、あまりにも出来過ぎています。良い意味で。

とりあえず、面白そうなので、いつもどおり、iPhoneでAmazonのサイトからクリック購入、Amazonアプリでダウンロード。

さっそく読んでみました。

もう、1巻から、めちゃくちゃ面白いじゃないですか。

現時点で7巻まで出ているんですが、迷わずすべて購入してしまいました。

 

1巻から展開が速く、衝撃的で、ここであらすじを書けません。

主人公は子供ですが天才です。

敵も天才です。

まさにボク好み。

でも、何なんだろう。

確かに頭脳戦に惹かれているんですが、惹かれるのはそこだけじゃないんですよね。

主人公の優しさ、ママの優しさ。

特に、ママに関しては、巻が進むほど、優しさを感じさせられてしまうんですよ、ボクは。

純粋な子供たち。優しいママ。家族。

 

永遠の一人暮らし独身のボクにも、何だか、胸が押しつけられるような暖かさ。

いや、そう言うコミックじゃ無いんです。

とても残酷なストーリー。

なのに暖かさに胸がキュンとする。

ここ最近のコミックの中でも、トップクラスの面白さだと思うんですよね。

 

それにしても、最近のコミックって画力がすごいです。

約束のネバーランド