非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

最も痛い群発頭痛体験中

普通の頭痛

頭痛

 

 

ボクはわりと昔から頭痛持ちです。

たまに頭痛がひどくなります。

と言っても、1ヶ月に1回も無いくらい。

頭痛が起こるときは、何となく予感がするんですよね。

目に原因がある気がするんです。

例えば、風の強い日などに目にゴミが入ると、そっちの側の頭が痛くなり始めるんです。

左目に入れば左の頭が。

まさに目の奥とその奥の頭がガンガンズキズキ。

で、頭痛薬はいろいろ試しましたが、あまり効きません。

経験上、リングルアイビーがたまに効きます。

 

 

 

 

でも最高の治療法は寝ることです。

と言うか、頭痛がひどくなると、何もできなくなるので、寝るしか無いんですけどね。

頭痛って、他の身体の部位の痛みとは根本的に違うんですよ。

手が痛い、脚が痛い、腹が痛い、などの場合、ボクももちろん経験はありますが、それらはよほどヒドく無い限り、我慢して過ごすことはできます。

歩きすぎで筋肉痛で脚が痛いけど、我慢しながら他の作業をすることはボクもよくあります。

でも、頭痛は別です。頭痛の問題は痛みそのものもなんですが、痛みによって思考力が無くなることです。

何も考えられないので、他の作業もできません。

痛みが激しいと、嘔吐も起こります。

ボクが経験してきた頭痛も、思考力を奪い、起きていられなくなり、嘔吐を誘発します。

片頭痛ってヤツですね。

 

片頭痛 - Wikipedia

 

そうです。ボクは片頭痛を持病として持っています。

 

群発頭痛の発生

 

ところがこの5月の上旬に、いつもと違う頭痛が起こりました。

普通に仕事をしていたら、左の目の奥がジンジンし始め、ジワジワジワジワと痛みになっていき、やがて本格的な頭痛に。

発生するプロセスを明確に意識できる発生方法なんですよね。

今まで、こんなのはありませんでした。

日によっては、就寝後にそれが起こり始めました。

さすがに、おかしいな、と思いました。

それ以降、毎日のように、左目の奥がジンジンとなりだし、やがて激しい頭痛へ。

5月の第3週に勤務先の重要な宿泊研修があったんですが、当日の朝もその頭痛が出ており、ボクはドタキャン。それまでに準備してきたことも台無しにしてしまいました。

その後も、毎日のように頭痛は発生し、数時間後に治り、さらにまた数時間後に発生。

眠らずに治る点でも今までの頭痛と異なります。

明らかに今までとは違う病気にかかったな、そう思って病院へ。

脳のMRIをとりました。

結果は何も異常なし。

群発頭痛だと言われました。

あまり聞いたことの無い群発頭痛と言う言葉。

で、ウィキペディアを見てみました。

 

群発頭痛 - Wikipedia

 

まず、特徴の一番目に書かれているのがこれ。

 

一次性頭痛の中では最も痛みの強い頭痛である。

 

うーん、確かに。とにかく従来の片頭痛のような重いズシーンとした頭痛とは違い、とにかく活発に痛みが攻撃してくる感じ。激しく痛いです。

 

続きを見てみます。

 

頭痛は決まった片側に出現する。

 

これもまさに当てはまっています。ボクは確実に左側です。

 

頭痛発作は数日に1回、乃至1日に数回の出現頻度である。

 

これもそのとおり。1日に数回出現するのが従来の頭痛と異なります。

 

1日あたりの頭痛発作時間は30分から数時間である。

 

そのとおり。片頭痛の場合は、寝て起きれば治りますし、寝るまではずっと続いているんですが、今の頭痛は発生してもしばらくしたら収まり、それの繰り返し。

 

頭痛発作を反復する期間は1ヶ月弱から数ヶ月続き、これを群発期という。

 

ボクのこの症状が出現したのが5月上旬。てことは、これから数ヶ月、この生活が続くってことですね。ヤバいな。

 

群発期は数年に1回乃至1年に数回現れる(慢性群発頭痛を除く)

 

これはまだわかりません。

 

発作中は同速で流涙、鼻汁分泌、鼻づまり、縮瞳、流汗、眼瞼下垂などが認められる。

 

そのとおりで、ボクは左目から勝手に涙が流れます。鼻水は少し。後頭部から背中にかけて、まるで夢を見ているように、あるいは貧血を起こしているかのように、意識がフワッとすることがあります。

 

群発期の非頭痛時間帯に飲酒すると頭痛を誘発し、非群発期には誘発なし

 

ボクは日常的にアルコールは飲まないので、これはわかりません。と言うか体質的には下戸なので、普通にアルコールを飲んでも頭痛は起こりますからね。

 

発作中、頭痛に耐える時に力を入れている。

 

 これは、頭痛の特徴と言うよりも、発症時の行動ですね。そりゃ、頭痛を我慢するのにチカラを入れてますよ。

 

頭痛発作直前に前ぶれが出現することが多い。

 

これも当てはまってますねえ。さっき書いたように、左目の奥がジンジンし始めて頭痛が発症します。

 

男性、高身長、血圧低め、愚痴っぽい性格ではないことが多い。

 

ボクは血圧は普通ですが、身長は約180cm。高身長な方ですね。グチっぽくも無いのもその通りです。

 

女性は妊娠中、頭痛が出現しにくい。

 

これはボクには関係ありません。

 

若年期に発症するが、中年期乃至初老期に発症する例もある。

 

ボクはもう若年期とは言えませんね。中年期です。珍しいんでしょうか。

 

年代と伴に症状が不鮮明となり高齢化で消失する。

 

なるほど。いずれ治るってことですね。ボクのように、いま出現したばかりだと、これからしばらくは続くんでしょうか。

 

処方箋

 

ちなみに、ウィキペディアにも書いてあるように、ボクもトリプタン系のスマトリプタンと言う薬を処方されています。痛みが発生したときの鎮静剤ですね。

 

スマトリプタン - Wikipedia

 

ただし昨日、午前中にまた発生して、慌てて同じクリニックに駆け込み、そこで予防薬を処方されました。ウィキペディアには書いていない、セレニカRと言う薬です。 

 

バルプロ酸ナトリウム - Wikipedia

 

抗てんかん薬のようです。

 

しばらくは薬生活ですね。

こうやって書きながらも、左の目の奥がジワジワしています。

頭痛が来るのか来ないのか、その前兆なのか。

 

同じ症状を持っている人、情報交換しましょう。

 

ちなみに、こんなページもあるんですねえ。1000人に1人の病気なんですね。まったく不運。

 

matome.naver.jp