読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

新興宗教の思い出

新興宗教 

 

ボクが若い頃の話。いや、今でも若いんですけどね〜。

 

当時のボクのカノジョ。

カノジョはとある新興宗教の信者でした。

 

今のボクは当時のボクとは宗教に対する考え方は変わりました。

今のボクは信仰の自由が信条。だから、誰がどの宗教を信じるのも自由。まあ当たり前のことですね。そしてボクがどの宗教を信仰しないのも自由なわけです。

 

当時のボクは宗教は縁遠い存在でした。つまり信仰や信者そのものに触れないと言う考え。

 

そんなボクのカノジョが新興宗教の信者。

これは何か運命だったのでしょうか。

 

宗教施設

 

付き合った当初は信者であることを知らなかったのですが、付き合っていると当然、信者であることを知ることになります。

しかし、そのこと自体でボクが拒絶反応を示すことはありません。新興宗教のことをほとんど知らなかったので、むしろ関心がありました。

で、徐々にカノジョの生活が明らかになります。

とにかく日曜日には礼拝(?)に行くんです。

信仰の自由と言う言葉はどこへやら、もはや義務のように毎週通います。

で、ボクもついに連れて行かれました。

大阪府の某所の山中。

そこに巨大な宗教施設がありました。

大阪にこんな場所があったなんて、と驚きで口がふさがりませんでした。

さらに驚いたのは信者の数。見渡す限りの広大な敷地に、信者、信者、信者。

数え切れないほどの数の信者。

そして建物に入り、体育館のような広大な空間に。

そこでは数百人(数千人?)もの信者が、みんな同じ方向を向いて座り込んで、お辞儀をしながら両腕を上げ下げしていました。

こんな感じ。礼拝って言うんですかね。

礼拝

 

 

ボクは自分がそこにいることに衝撃を受けながらも、同じ動作を真似させられました。

みんなが向かっている方向の先には巨大スクリーンがあって、教祖様が映っていました。

教祖様は東京にいて、全国の教団施設に映像が中継されているそうです。

おカネがあるんですねえ。

 

結界

 

その後もそのカノジョとはお付き合いが続きました。

信者であることを除けば普通の人でした。ただし日曜日は礼拝に行くため会えません。ボクは最初の1回以降は参加しませんでした。

ドライブにも良く行きました。

運転しているとカノジョが、

 

「この先に結界があるから停まって。」

 

などと言います。もちろん結界なんて無いんですが、無いことは証明できないので、いつも押し問答。

 

信仰の自由

 

結局、カノジョとは別れました。

別れた理由はカンタンで、子供のこと。

カノジョは、

 

「子供が生まれたら迷い無く信者にする。」

 

と言ったんです。

完全に信仰の自由の侵害ですね。

ボクはカノジョが信者だと知っても咎めませんでしたし、お付き合いも続けました。

信仰の自由を尊重したからです。

しかし、子供の信仰の自由をカノジョが侵害する意思を持っていたことで、それ以上の継続はできなくなったからです。

ボクはカノジョの信仰の自由を尊重したのに、カノジョは子供の信仰の自由を侵害する。

 

もし、宗教の本質が愛であるのなら、ボクの考え方の方が愛情があると思いませんか?

 

世界中の多くの戦争、紛争は宗教が原因で起こります。

宗教って何なんでしょうね。

他人を侵害するような愛の無い宗教に存在価値は無いと思います。

 

ボクは宗教を全否定はしません。学ぶことも多いですからね。

この本はオカルト要素は無く現代科学的で非常に面白かったです。