非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

独身男性一人暮らしの生活費を晒す

基本の生活費

家計グラフ

 

 

ボクはこのブログの収益で生活をしています。

と、数年前から書いています。

道楽のブログでは無く、命綱のブログです。

 

で、実際、永遠の独身男性であるボクの場合、どれくらいの生活費で暮らしているんでしょうか。

 

1ヶ月に必ずかかるコストを名目別に並べてみます。

 

  • 食費
  • 電気代
  • 水道代
  • ガス代
  • 携帯電話代
  • 自宅ネット代
  • 家賃
  • コンタクトレンズ代

 

以上ですかね。これらはボクの意思とは無関係に強制的にかかるコストです。

 

食費はみなさん、月にどれくらいでしょう。

臨時の出費を除けば、1日平均で2,000円くらいですかね。てことは月に60,000円ですね。

 

電気代はボクの場合は、だいたい月に6,000円です。

 

水道代は月に2,500円ですね。

 

ガス代は月に2,500円です。

 

携帯電話代は毎月およそ10,000円です。使用料金と端末代金を払っているので高めですね。

 

自宅のネット代は月に約4,000円。

 

家賃は月に75,000円。広くてキレイで東横線の駅の近くでバス・洗面・トイレも独立なのにこの安さ。たぶん事故物件でしょう。

 

コンタクトレンズは月に2,500円ですね。

 

てことで足してみると、162,500円も毎月の生活費でかかっているんですね。

 

その他の費用

 

実際には、それ以外に、自分の意思で支払っている費用がいくつもあります。

例えば、Facebookページの広告で月に4,000円。

マネーフォワードで月に480円。

ATOKpassportで月に514円。

MicrosoftのOffice365で月に1,274円。

先月まではYahoo!プレミアムが有料でしたが今月からはソフトバンクユーザーは無料になりました。

あと、AmazonのKindle Unlimitedで月に980円。

他に金額は言えませんが、寄付が月収の1%。

と言うわけで、寄付以外に7,248円。

 

 

結局、毎月、約17万円プラスアルファですね。

 

これって、独身男性の一人暮らしのコストとしてどうなんでしょうか?

いずれにせよ、これだけの収益を上げないと、ボクはブログだけで生活できないわけです。

 

 

富裕層になる人の特徴として、金銭の収支管理をきちんとできている人と言う条件があります。

年収は高いのにいつまでたっても資産が貯まらない人。

そんなひとはたくさんいますが、それは収支管理ができていないから。

年収1,000万円でも支出が1,000万円なら、残りはゼロです。

実際、借金のある人、多いですしねえ。

 

今回、ボクは自分の毎月の支出をこうやって書き出してみたわけですが、自分の予想よりも多く、正直、17万円も使っているとは思っていませんでした。

もちろん、収入はそれよりもたくさんあるので、収支はプラスで、余りはほとんどを投資に回しています。

 

www.b-chan.jp

 

 

みなさんも、家計の見直しをするなら、一度、支出の管理をきちんとやってみてはいかがでしょうか。

 

利益 = 収入 - 支出

 

と言う大原則があります。

資産を増やすには、

 

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

 

の2つだけです。

ボクは前者に精力的に取り組んでいますが、後者の重要性にも気付いて、それで断捨離に手を付けるようになったんですね。

正直、数年前までは月額家賃15万円の部屋に住んでいましたが、それから見ると今は半減です。なのに広さも快適さもほとんど変わらない。思えばムダな家賃を払っていました。

見栄のために暮らすのをやめて、実質的な生活をすれば、結果として資産は増えます。

家計に苦労している人は取り組んでみてください。

 

もちろん、ブログの収益アップは引き続きがんばりましょう!