読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

注意!iPhone 6s / Plusでは0.3mmより厚い液晶フィルムは避けよう

厚みに注意 

 

今週からiPhone 6sとiPhone 6s Plusが発売されました。

もう手に入れた人も多いのでは?

 

ご存じのとおりiPhoneって2年ごとに形が変わるんですよね。

去年はiPhone 6になって形が新しくなりました。

今年はiPhone 6sで形は去年とほとんど同じ。

 

多くの人は見た目で判断しがちなので、去年のiPhone6の登場に比べて今年のiPhone 6sの方が進化が地味だと感じるんですが、実は、内容的にはsモデルの方が進化が大きいことが多いんです。

iPhone 4SではSiriが搭載されました。

iPhone 5sでは指紋認証であるTouch IDが搭載されました。

そしてiPhone 6sでは、3D Touchが搭載されました。

iPhone 6とiPhone 6sとでは、形はほとんどいっしょですが、中身は別物と言って良いほど進化しているんです。

 

で、今回のiPhone 6sとiPhone 6s Plusは前回のiPhone 6とiPhone 6 Plusと形状がほとんど同じという点で、実は落とし穴があります。

 

従来もそうだったんですが、sモデルは前年モデルとほとんど同じ形ながら、ほんのわずかに形状が変化していることがありました。

ただそれは誤差のレベルなので、保護ケースや液晶フィルムは基本的にはそのまま使い回せることが多かったんです。

iPhone 4用のケースはiPhone 4Sで使えますし、iPhone 5用のケースはiPhone 5sで使えました。

そして形の上ではiPhone 6のケースはiPhone 6sでも使えます。

 

ただし、今回のiPhone 6sとiPhone 6s Plusには3D Touchという新機能があります。

画面を押す強さを感知して機能を切り替えられる仕掛けです。

 

てことは、画面に貼り付けるフィルムによっては悪影響を与えるのでは?

という懸念が生まれますよね。

というわけで、実際、こんなページがあります。

 

Designing Cases for iPod, iPhone, and iPad - Apple Developer

 

このページの中にPDFがあり、そこに画面に貼るフィルムについて規定されています。

 

2.8.1 Overlay

 

という項目を見てみます。

 

If a case design requires the Apple device's touchscreen to be covered with an overlay, the overlay must not:

  • exceed 0.3 mm in thickness
  • introduce air gaps between the touchscreen and overlay
  • be electrically conductive

 

 

日本語にすると、

  • 厚みは0.3mmを超えてはいけない。
  • 気泡が入ってはいけない。
  • 導電性があってはいけない。

 

ということです。

実際に出回っている多くのiPhone 6用のフィルム。

かなりの割合で厚みが0.3mmを超えるモノが存在します。

0.3mmを超えたからと言って使えないとは考えにくいですが、Apple社が想定する操作の快適性は損なわれてしまう可能性がありますね。

なので、これから買う人は、厚みが0.3mm以下のモノを選ぶようにしましょう。

 

あと、ちなみにですが、iPhone 6やiPhone 6 Plusよりも、iPhone 6s / Plusは画面の縁の曲面が広くなっているようです。

なので、画面の端の方まで覆うタイプのiPhone 6 / Plus用のフィルムだと、iPhone 6s / Plusに貼ると端が浮いてしまう可能性があります。

見た目はちょっとダサいですが、画面の端まで覆うタイプは避けた方が良いかも。

あるいは明確に「iPhone 6s / iPhone 6s Plus対応」と書かれているモノを選んだ方が良いでしょう。

 

オススメ

 

そういう条件で探すと、特に強化ガラスタイプのフィルムは価格が高いんですよね。

 

ボクはこれを一押ししておきます。

 

 

厚みは0.2mmで縁もラウンド処理されていて手に優しく、価格もそこそこ手頃です。

そして何と言っても、フィルムを正確な位置に貼れる仕組みがオススメ。

一般的なフィルムは自分で位置合わせをする必要がありますが、このフィルムには透明なプラスチックの箱が付いていて、その箱の凹みの形状がiPhoneの形なんですね。

そこにフィルムをセットしてiPhoneに被せるだけ。

これだけで簡単に正確に貼ることができます。

おそらく他のどのフィルムと比べても貼りやすいと思います。

正確なフィルム貼り

 

 

フィルム選びに迷っている人は、参考にしてください。

 

なお、去年はボクは100円のフィルムを貼りました。

 

www.b-chan.jp

 

これはこれで良かったんですが、今年は試しにガラスフィルムを使ってみたわけです。

やはりガラスの方が滑らかさは格段に上です。ただ、価格差が30倍以上。そこまでの価値があるかどうかと言われれば難しいところです。

なお、100円のiPhoneケースは引き続き使っています。

これ以上のモノが見当たらないので。

 

www.b-chan.jp