読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

タウンWi-Fiという神アプリでiPhoneのバッテリーが長持ち。

iPhone

タウンWi-Fiの使い方

 

前回、こういう記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

もうひとつ、iPhoneのバッテリーが長持ちするようになった理由を書きます。

それは、タウンWi-Fiというアプリをインストールしたことです。

これですぜ。

 

街中のWi-Fiに無料で自動接続 - タウンWiFi

街中のWi-Fiに無料で自動接続 - タウンWiFi

  • WiFiShare Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

 

面倒なので先に使い方を書きます。

これはiPhoneにプロファイルをインストールするアプリです。

プロファイルってのは、iPhoneの性質を決めるようなモノだと思ってください。

例えば、すでにインストールされているプロファイルを見てみましょう。

「設定」アプリを起動し、その中の「一般」→「プロファイル」と進みます。

ボクの場合、こんな感じ。人によって違います。

既存プロファイル

 

 

ソフトバンクのiPhoneユーザーなら上の図のようなプロファイルがインストールされている人が多いと思います。

 

 

では、タウンWi-Fiを起動してみましょう。

タウンWi-Fiアイコン

 

 

今いる地域によって異なりますが、次のような画面になります。

コンビニ

 

 

上の図では、その場所にファミリーマートやローソンなどの無線(Wi-Fi)が来ている可能性があるってことです。

他にも次の図の通り、たくさんあります。

カフェ

Wi-Fiスポット

 

 

よく見ると、右上に、「追加可能」って書いてあります。

これは、このiPhoneにこれらのWi-Fiが登録可能ってことです。

追加可能

 

 

では、数個、チェックを入れてみます。

Wi-Fiスポット選択

 

 

で、右下の「選択したWi-Fiを自動接続先に追加」をタップします。

追加

 

 

すると、次のような画面。プロファイルをインストールする画面です。ここで右上の「インストール」をタップ。

 

プロファイルインストール

 

 

iPhoneにパスコードを設定している人はパスコードを入力します。

パスコードを入力

 

 

で、次の画面で、「インストール」ボタンを押します。

インストールをタップ

 

 

しばらく待つと、インストールが完了するので、右上の「完了」ボタンを押します。

プロファイルインストール完了

 

 

次の図のように、Safariのページが開きます。「アプリを開いて設定を完了する」をタップしましょう。

アプリを開いて設定を完了する

 

 

次の図のように、アプリを開くかどうかの確認が出ますので「開く」をタップ。

タウンWi-Fiで開く

 

 

はい、次の図のように、タウンWi-Fiアプリの画面に戻ってきました。

さっき、プロファイルのインストールが完了したので、「はい」をタップします。

プロファイルがちゃんとインストール完了したかどうかを、アプリが自動的に感知できないため、こうやって人間がアプリに教えてやる必要があるわけです。

だから、プロファイルのインストールが完了してないのに「はい」を押してしまうと、アプリの認識と実際の状態がズレるので気を付けましょう。

自動接続設定を完了

 

 

プッシュ通知はOKしておいた方が良いです。

通知

 

 

さて、これで、次のような画面になります。さっきは右上の「追加可能」画面でしたが、今回は「自動接続先」画面です。

ファミリーマートやローソンなどのWi-Fiが自動接続先に入ったということです。

自動接続先

 

 

最初と同じように「設定」アプリを起動して「一般」「プロファイル」を見てみましょう。

すると、次のように、プロファイルが増えています。

ちゃんとインストールされたってことです。

プロファイルが増えた

 

 

ちなみに、このアプリでは一回で15個までのWi-Fiを選択、インストールできるようになっています。

それ以上ある場合は、15個ずつ数回に分けてインストールしましょう。

15まで

 

 

こうやってプロファイルが増えていきます。

 

 

 

メリット

 

先にアプリの使い方を書きました。

日常的には、このアプリを使う必要はありません。このアプリはあくまでもプロファイルのインストールのときだけ使います。

実はこれで、日本中にあるいろんなWi-Fiに自動的にiPhoneが接続するようになったんです。

これをやっておかないと、例えばあなたがローソンに入った時にローソンのWi-Fiを使うには、その都度、ログイン作業が必要になります。

すでにかなりの数の有名なWi-Fiスポットが登録されています。

てことは、駅やコンビニや飲食店など、行くたびにWi-Fiに「自動的に」接続されるってことです。

非常にラクです。

 

知っておいて欲しいんですが、携帯電話やスマートフォンでは、3GやLTEなど、いわゆる一般の電話回線の電波に接続しているときはバッテリー消費が激しいんです。

Wi-Fiに接続している方がバッテリー消費は少ない、つまりバッテリーが長持ちするんです。

詳しくは書きませんが、簡単に言えば、遠距離に届く強い電波である電話回線よりも、狭い範囲にしか届かないWi-Fi電波の方が弱いので、消費電力も少ないんです。

だから、このタウンWi-Fiを使って多くのWi-FiスポットをiPhoneのプロファイルにインストールしておけば、日常的にそれらのWi-Fiに自動的に接続されることになり、バッテリーが長持ちするということです。

 

ボクが最近、iPhoneのバッテリーが長持ちするようになった要因が、このアプリにあることは十分に考えられます。

 

なお、アプリに登録されていないWi-Fiスポットはアプリからリクエストすることができます。

こうやって要望の多いWi-Fiスポットが今後もどんどん追加登録されていくそうです。

なので、たまにこのアプリを起動して、使えるWi-Fiスポットが増えていたら、それもプロファイルにインストールしましょう。

 

最後に注意点ですが、Wi-Fiにはセキュリティ問題がある場合もあります。

それはこちらの記事をどうぞ。

 

www.b-chan.jp

 

その場合は、VPNを使いましょうね。

これ、書きました。

 

www.b-chan.jp

 

ちなみに自宅にインターネットが来ている人は、ぜひiPhoneをWi-Fiで使いましょう。

月間容量を気にせず使えますし、早いですし、暗号化できますし。