非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone用に現時点でベストなワイヤレス(Qi)充電器を導入してみた

ワイヤレス充電器

 

 

いわゆるケーブルを挿さなくても置くだけで充電できる規格として、Qi(チー)と言うモノがあります。

最近は、多くのスマートフォンがQiに対応しているので、充電器も多様なメーカーから販売されています。

 

で、ボクも色々と調べた結果、 Anker PowerWave 7.5 Standを導入してみました。

 

充電器と言っても性能は様々で、一方、充電されるスマートフォン側の性能も様々。

例えば、ボクが使っているiPhone XS Maxは7.5W対応ですが、Galaxyなどは10Wに対応しているモノもあるとか無いとか。

数字が大きい方が高速に充電できます。

iPhoneは世の中的には遅れている方ですかね。

 

とは言え、iPhoneが7.5Wでも充電器の方が5Wしか出ないなら、結局は充電速度も遅くなるわけで、そう言う意味で、現時点で、最速でiPhone XS Maxを充電できるQi充電セットを選んだと言うわけです。

 

もちろんGalaxyにも対応で、その場合、10Wが出るようですね。うらやましい。

 

この3点が必須で、パッケージにまとめて梱包されています。

3点セット

 

 

スタンドである充電器本体と、それに高速で電気を送るACアダプタとケーブルのセットで初めて最高性能が発揮できるわけです。

このACアダプタはQuickCharge3.0と言う規格に対応しています。

他の市販のACアダプタでも良いんですが、その場合もQuickCharge3.0に対応しているモノを選びましょう。

 

 

平面の充電器を選ぶ理由が見つからない

 

 

実際に設置してみた感じはコレ。

Qi

 

 

世の中にはたくさんの平面型のQi充電器が売られていますが、ボクは迷わずこのスタンド型を選びました。

理由はカンタン。

iPhone XS MaxがFace ID(顔認証)対応だからです。

スタンド型なので、画面にタッチすれば自動的にボクの顔を認証してロック解除してくれます。

もちろん画面がこっちを向いているので、そのまま操作可能。

 

平面型だと、iPhoneをいったん持ち上げて顔認証して操作し、充電するときは再び置く。

場所も取ります。

ね、平面型ってデメリットが多いでしょ。

なので、これからQi充電器を買う人には、このスタンド型をオススメしておきます。

 

そうそう、iPhoneを横にして置いてもちゃんと充電します。

映画なんかも見やすいのです。

横置き充電