非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iOS13のマップのLook Aroundが心地良い

iOS13のマップ

 

 

今回はiOS13で新しく搭載された、マップアプリのLook Around機能の記事です。

従来からある、GoogleマップのStreet View(ストリートビュー)のApple版ですね。

 

まず、Googleマップを見てみましょう。

iPhoneでGoogleマップアプリを起動します。

 

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

Google マップ - 乗換案内 & グルメ

  • Google LLC
  • ナビゲーション
  • 無料

 

 

場所は、ホノルル(Honolulu)にしました。 

地図を表示したら、ストリートビュー表示したい場所を長押しし、左下のアイコンをタップします。 

Googleマップの地図画面

 

 

はい、ストリートビューが表示されました。

ストリートビュー

 

 

上下にスワイプするコトで前後移動できます。左右スワイプで方向転換です。

 

ボクは不動産業界の人間ですが、ストリートビューがめちゃくちゃ役立っています。

 

 

Look Around

 

 

では、AppleマップのLook Around(ルックアラウンド)を見てみましょう。

 

マップ

マップ

  • Apple
  • ナビゲーション
  • 無料

 

 

現在はまだ、ルックアラウンド機能を使えるのは、ラスベガスやサンフランシスコ、ホノルルなど、ごく一部の地域だけです。今後、拡大していくでしょう。

と言うわけで、ホノルルを表示して、双眼鏡のボタンをタップします。 

Appleマップ

 

 

画面の上部にルックアラウンド画面、下部に地図画面、と言う構成になります。

地図画面を動かせば場所移動可能です。

場所が決まったら、左上の全画面ボタンをタップします。

LookAround

 

 

はい、これがルックアラウンド画面。さっきのストリートビューと同じ場所です。

LookAroundの操作

 

 

画面をダブルタップすると前進できます。

 

ストリートビューとルックアラウンドの両方を試してわかるのは、ルックアラウンドの動きの滑らかさが際立っているコトです。

ストリートビューは静止画をうまくつないでアニメーション化しているのがわかります。

ルックアラウンドも同じコトをやっているんですが、画像のつなぎ処理が上手く、まるでホントにその場で移動しているようなアニメーションが見られます。

このあたりは後発の強みでしょうか。

ストリートビューの欠点を解消している感じです。

 

ただ、ボクが試した範囲では、後退するコトができません。後ろに下がるには、いったん180度方向転換して進むしかありません。

ストリートビューではカンタンに後退できます。

ルックアラウンドでも後退機能を付けて欲しいですね。

あるいはボクが知らないだけで、後退する機能は存在するのでしょうか。

 

恐るべきクオリティのルックアラウンド。

早く日本も対応して欲しいモノです。