非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの安全性は落ちた

パスコード

 

 

昔、と言っても、数年前までですが、iPhoneを操作するための、いわゆる「ロック解除」のためには、パスコードが必要でした。

パスコードを10回間違えると、iPhoneを初期化すると言う機能もあります。

とにかく、自分以外の他人に使われてしまうのを、とことん防ぐ安全設計なわけです。

 

その代わり、自分でもパスコードを忘れてしまうと、取り返しがつきません。

初期化するしか無いんです。

なので、ボクは、iPhoneのパスコードを4桁の数字にしています。

 

6年前に、こんな記事を書いていましたね。懐かしい。

 

www.b-chan.jp

 

 

指紋認証・顔認証

 

 

まあとにかく、本人ですら使えなくなるくらい、iPhoneのセキュリティは強力だったわけです。

ところが、その後、指紋認証が登場し、現在のiPhoneは顔認証。

これって、利便性の向上であって、セキュリティの向上では無いんですよね。

むしろ、セキュリティ面では下がっています。

 

有名なのは指紋認証。

本人が眠っている間に指をiPhoneに押し当てられてしまえば、カンタンにロック解除。

 

では、顔認証は?

単に顔をiPhoneの正面に持ってくるだけではダメで、画面を見つめないとロック解除できない設定が可能です。

これなら、本人が眠っている間にはロック解除できない理屈です。

でも、寝ている間にiPhoneを顔の前に持ってきておいて、本人を無理矢理起こしたらどうでしょうね。

寝起きの寝ぼけた状態で、目の前にiPhoneがあったら、意識せずに見てしまいそうですよね。

 

つまり、指紋認証も顔認証も、他人によって突破される可能性があるわけです。

繰り返しますが、指紋認証や顔認証はセキュリティの向上では無く、利便性の向上のために作られたモノです。

 

便利さを採るか、安全を採るか。

よく議論される話題ですが、iPhoneの世界でも同じコトが起こっていると言うことです。