非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone(iOS13以降)でウェブページ全体をカンタンにJPGで保存する方法・・・・・・その1

ウェブページ全体の保存

 

 

この秋のiPhoneはiOS13になり、ウェブページ全体を1枚のPDFとして保存できるようになりましたが、それはすでにあちこちに書かれていますので、今回は、JPGで保存する方法を書きましょう。

 

まずは、PDFで保存する方法です。

Safariで好きなウェブページを開きましょう。

で、スクリーンショットを撮ります。 

スクリーンショットを撮る

 

 

通常のスクリーンショットなら、そのままPNGファイルとしてスマホの画面が保存されますが、今回は、左下にあるサムネイルをタップします。

数秒で消えてしまうので、消える前にタップしましょう。

サムネイルをタップ

 

 

PDFで保存

 

 

スクリーンショットの編集画面になるので、「フルページ」をタップしましょう。

スクリーンショットの編集画面

 

 

すると、ウェブページ全体の画面になります。右側に全体像が表示されています。ここで「完了」を押します。 

完了

 

 

ここは、ケースバイケースですが、PDFを"ファイル"に保存してください。 

保存

 

 

次の画面では保存先を選びます。

ここでは、iCloud Driveを選び、「保存」ボタンを押します。 

保存先

 

 

これで、iCloud Driveに、ウェブページ全体のPDFが保存されました。

 

ファイルアプリでiCloud Driveの中を見てみましょう。

 

ファイル

ファイル

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

 

 

はい、ちゃんとPDFが保存されています。

ファイルアプリ

 

 

長くなったので、JPGにする方法は次回に書きますね。