非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ゴミ屋敷

賃貸マンション

 

 

一般に、ゴミ屋敷と言えば、一軒家を思い浮かべる人が多いかも知れません。

しかし、不動産管理の仕事をしていると、マンションのゴミ屋敷、と言うか、ゴミ部屋に遭遇するコトがあります。

 

賃貸マンションと言うのは、建物の所有者(オーナー)から、部屋を賃借して生活するモノですが、いったん、賃貸借契約が始まってしまえば、部屋の占有権は賃借人にあります。

オーナーであっても、管理会社であっても、正当な理由無く、部屋に立ち入るコトはできないのです。

勝手に入れば不法侵入です。

 

なので、基本的には、部屋の中で何をしようが、賃借人の自由です。

部屋の中にゴミを溜めるのも自由です。

 

 

部屋に収まらない

 

 

実際、ボクが遭遇した、賃貸マンションの1室のゴミ部屋は、文字通り、ゴミだらけでした。

浴室にもゴミがあるので、浴室は使われていません。

賃借人はどうやって身体を洗っていたんでしょうか。

毎日、銭湯に通っていたんでしょうか。

 

当然、掃除をしないので、あらゆる箇所が真っ黒です。

便器も。

 

賃借人には原状回復義務があります。

 

太陽光で日焼けして変色した壁紙などの自然な劣化や摩耗はオーナーの負担ですが、賃借人の故意による劣化は、賃借人の負担になります。

掃除をしなかったコトによって便器が真っ黒になったのなら、それを戻す費用も賃借人が負うコトになります。

 

結局、その人は、その部屋を追い出されるコトになりました。

 

理由はカンタン。

ゴミによる悪臭や虫の発生が、部屋の中に収まらなくなったからです。

マンションである以上、隣室が存在します。

さすがに、匂いが隣室に流れ込むようになりました。

 

と言うわけで、苦情殺到。

 

近隣への迷惑と言うコトで、退去してもらうコトになりました。

 

そうなると、原状回復義務が発生。

部屋の壁紙、天井、床、便器、浴室、キッチン。

とにかくあらゆる設備は汚れ、虫食いが発生し、腐敗しています。

当然、それを元に戻さないと次の入居者を募集できません。

よって、元に戻す費用を全額、賃借人負担に。

数百万円ですね。

なにせ、清掃だけでは済みませんから。

浴室やトイレの設備は交換ですよ。もはや工事ですね。

 

ボクはミニマリストなので、ほとんどモノを持っていません。

テレビすら持っていません。

前の自宅は6年間住みましたが、原状回復費用はゼロでした。

今の自宅もそろそろ5年ですが、非常にキレイです。

 

ゴミ部屋にしてしまうと、それだけで数百万円の負担。

本来、キレイにしていれば、払わずに済む費用ですよね。

数百万円あれば、クルマが買えますよ。

それを、次の人のために部屋をキレイにするコトに使うわけです。

 

ムダですよね。

 

ゴミを溜めがちなあなた。

普段から身の回りはキレイにしておくコトをオススメします。