読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneを落としてガラスが割れる確率を計算したら対策せずにいられない

iPhone

iPhoneの落下

 

ガラスが割れたiPhone。

電車に乗っていると、たまに見かけますよね。

ガラスが割れたまま使っている人。

たぶん修理代が高いので、そのままにしているんでしょう。

 

んで、iPhoneのガラスが割れる可能性について、寝ずに考えてみました。

 

ボクは2009年に最初にiPhoneを買って以来、6年ほどiPhoneを使い続けています。

毎日必ず外出かつ毎日必ずiPhoneを持ち出すとして、

 

365回 × 6年 = 2190回

 

は、iPhoneを持ち歩いていることになります。

ガラケーの時代と違って、スマートフォンの時代になって、バッグの中では無く、手に持って歩く人も増えましたよね。

当然、地面に落下させてしまう可能性も上がっていると思います。

手に持ったiPhoneを落下させる確率はどれくらいでしょう。

ボクも過去、携帯電話を手から落とした経験はあります。

そりゃ、1000回、2000回とモノを持っていれば、1回や2回は手が滑って落とすことは誰でもあるでしょう。

別に携帯電話に絞った話では無いです。

今まで10年20年30年40年と人生を生きてきて、手からモノを落としたことを一度も無い人なんていなんじゃないでしょうか。

 

正直、その正確な確率を求めるのは不可能です。

なので、感覚的に考えてみると、少なめに見ても3年に1回くらいはモノを落としているんじゃないでしょうか。

 

毎日何かを持ち歩くとして3年に1回なら、ざっくり言って1000回に1回です。

 

で、これをiPhoneに置き換えてみます。

 

ボクのように基本的に毎日、iPhoneを持ち歩く人間なら、1000回に1回落とすということは3年に1回落とすということに。

つまり、iPhoneを契約して2年契約を超えて3年目に入ったら、それまでに一度は落下を経験している人が多いという話。

 

iPhoneを落下させる確率そのものは1000分の1だとしても、それを3年間続ければ、

 

1000分の1 × 約1000回 = 100%

 

そうです。3年間iPhoneを使う人は、ほぼ100%の確率でiPhoneを落下させるのです。

このブログを読んでいる人にもiPhoneユーザーは多いと思いますが、3年以上使ってきて、一度もiPhoneを落としたことが無い人、いますか?

たぶん非常に少ないでしょう。

 

iPhoneのひび割れ

 

問題は、落下させるかどうかでは無く、画面にひびが入るかどうか。

iPhoneを落下させてひびが入る確率も正確にはわかりませんが、ざっくり、10回に1回としてみましょう。

10回落としたら1回くらいはひびが入る、と。

 

1000回に1回落下させて、そのうち10回に1回はひびが入る。

つまりiPhoneを1回持ち歩いてiPhoneのガラスが割れる確率は1万分の1。

この数値だけだと、ほぼ起こりえないように感じますが、それを3年続ければ、約1000倍なので、確率は10分の1。

 

そうです。

 

iPhoneを3年使えば、ガラスが割れる確率は10%です。

意外と高いですよね。

 

例えば、10回に1回は確実に衝突することがわかっているクルマを運転しなければならないなら、間違いなくシートベルトを締めますよね。

 

しかし、10回に1回は確実にガラスが割れることがわかっているiPhoneを持ち歩くのに、その対策を行っている人は非常に少ないんです。

 

対策とは何でしょう。

 

保護ケースを付けることでしょうか。

 

iPhoneの保護ケースは、iPhoneの周囲や背面を守るのが目的です。

ガラス面を下に落下して突起物に激突すれば、保護ケースを付けてもガラスは割れます。

フィルムを貼っていても割れない保証はありません。

 

ほぼ唯一と言って良い対策、それは、

 

iPhoneを落とさないこと

 

です。

つまり、ストラップなんですねえ。

iPhoneを落とす確率かゼロに近ければ、ボクだってストラップは使わないでしょう。

でも実際には上記の通り、iPhoneを3年間使えば1回は落とす確率が100%です。

ほぼ確実に落下させるんです。

 

実際にボクも6年間iPhoneを使ってきて、iPhoneを手から滑り落とした経験は何度もあります。

でも地面までは落下しませんでした。

ストラップを必ず付けているからです。

当然、画面(だけではなく本体すべて)を落下で傷つけた経験は皆無です。

電車に乗ってつり革につかまって立っていて、iPhoneを手から滑り落としたことがあるんですよ。

その瞬間、隣に立っていた知らないおじさんが思わず、

 

「あ!」

 

と叫びました。

ボク自身はストラップがあって地面に落ちないことがわかっていたので平気でしたが。

それくらい安心ですよ、ストラップは。

 

もう一度書きます。

上記のように、落下確率は1000分の1でそのうちガラスが割れる確率が10分の1だと仮定しても、3年使えばガラスが割れる確率は10%。

非常にリスクが高いと思いませんか?

 

10%の確率で確実に事故るクルマに乗るのにシートベルトをしないのと同じ。

 

高い確率でひび割れたiPhoneを使うよりも、ストラップを付けた方が、ボクはよほどスマートだと思うんですよねえ。

 

ストラップを付けないのがAppleの美学だと思っているApple信者の人は別ですが。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp