非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

高齢者は運転免許を返納せよ、が引っかかる理由

運転免許試験

 

 

高齢者の運転による交通事故件数は、このままだと今後も増えそうな気がしますよね。

だから、世間でも話題になっていて、高齢者は免許を返納せよ、と言う論調です。

 

ボクは、その論調を全面的に否定するわけではありませんが、どうも引っかかるんですよね。

 

そもそもの目的は、交通事故による被害者を無くすコト。

高齢者が免許を返納すべき理由は、高齢になれば、身体機能が衰えたり、認知・知覚・判断力が衰えたりするからです。

 

ここで、判断を誤りがちですが、高齢者の事故がすべて、それらが原因とは限らないと言うコトです。

例えば、高齢者では無い人が、操作ミスで交通事故を起こすコトがありますよね。

それと同じように、高齢者も、身体や判断力の衰えとは無関係に、単なるミスで事故を起こすコトもあるわけです。

 

そう考えると、免許を返納すべき理由として、年齢が当てはまらない、と言うコトになります。

年齢で決めてしまうと、個人差を引っ掛けるコトができません。

例えば、ハードルが75歳だとしましょう。75歳で返納。

その場合、

76歳で身体的に何ら問題無い人でも免許を返納する一方で、74歳で問題がある人は運転できるコトになります。

 

  • 高齢者だから問題がある
  • 高齢によって身体・頭脳が衰える可能性があるから問題がある

 

指摘すべきは後者ですよね。

 

 

更新を困難にする

 

 

指摘すべきは、能力です。

年齢で切ってしまうと、高齢者じゃ無いのに、運転能力が無い若い人が、事故を起こしてしまう可能性が十分にあります。

そこがボクには引っかかるんですね。

 

そして否定だけしていても仕方が無いので、なるべく解決策に使いコトを書きます。

それは、運転免許試験を難しくするコトです。

取得時はもちろんのコト、更新時にも試験を課します。

 

医者になるためには、非常に難しい試験や勉強を乗り越え、さらに経験を積む必要があります。

言うまでも無く、人命を預かるからです。

クルマの運転も、人命を預かる点では同じ。

なので、運転免許の取得も、ホントは、医者になるくらいの難易度にすべきなんですよね。

現行の運転免許試験って、ほぼ誰でも合格するような難易度ですよね。

そうなると、単なる儀式と変わらないと思いませんか?

 

そして、人間の能力は変化していくので、更新のたびに、試験を行ってチェック。

道路交通法などの知識はもちろん記憶力のチェックになりますし、身体能力や判断力などのチェックも必要。

 

そうすれば、能力の衰えてしまった高齢者を切るコトができますし、同じく能力の衰えてしまった若い人も切るコトができます。

本質的に大事なのは年齢では無く身体能力。であれば、この方法なら、本質的に解決できます。

 

それでも、能力とは関係の無い運転ミスは防げません。

それを完全に防ぐ方法は今のトコロ無いでしょう。

 

なので、せめて、自動ブレーキは、今後販売される自動車には100%義務付けで良いと思います。

自動ブレーキが完璧とは言いませんが、あれば防げる事故は多いはず。

 

自動車は規制が多い産業で、特に、エコに関する規制は、歴史的にもずっと続いています。

でも、もしかしたら、エコ規制よりも、安全規制の方が、より重大なのかも知れません。

大気がキレイになっても、事故死すれば終わりですから。

 

あと、当面の目の前の事故を防ぐための考え方を書いた記事もあります。

こちらもどうぞ。

 

www.b-chan.jp