非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

産業革命のきっかけか

新型コロナウイルス

 

 

新型コロナウイルスが出現して3ヶ月ほど経過しましたね。

 

将来、どうなるかはわかりませんが、これを書いている現時点での状況としては、

 

  • 日本の死者数が56人。
  • 世界の死者数が33,045人。

 

もちろん日々、変化します。

 

ころなとは関係無く、日本では、1年間にだいたい人口の1%が亡くなります。

135万人くらいです。

それを元にすると、この3ヶ月間での日本の死者数はおよそ33万人ですね。

うち、コロナ死者数は56人。

0.017%です。

コロナは感染力は強いですが、当然、コロナ以外にも数多くのリスクがあり、日本全体の死者数で言えば1万人中、コロナでの死者数は2名未満で、残りの9998人以上は、コロナ以外で亡くなっています。

世界レベルだと、もう少しコロナでの死者数の比率は上がりますが、それでも、コロナ以外で亡くなる人の方が圧倒的に多いのは変わりません。

 

ボクが常に言っているのは、コロナも怖いけれど、コロナだけに目を奪われるな、と言うコトです。

他のリスクが消えたわけでも何でも無く、確率としてはコロナ以外で亡くなる方が圧倒的に高いからです。

コロナ感染は防いだのに事故で亡くなってしまった、では意味が無いですよね。

 

 

この先のシナリオ

 

 

コロナウイルスに関しては、この先のシナリオは2つです。

 

  • 定着
  • 終息

 

終息すれば、それでめでたし、ですが、悪い方のケースも当然、想定しておかなければなりません。

定着するケースですね。

この先、10年、20年、50年、100年とコロナウイルスが残ったら、その間ずっと、イベントや外出を自粛するのか。

それは不可能ですよね?

50年間、自宅にいるのは難しいです。

 

すると、社会構造を変えるしかありません。

例えば、従来型の勤務、いわゆる出勤と言う概念を無くしていく必要が出てきます。

すでに言われているとおり、テレワークですね。

少なくとも、デスクワークの大半はテレワークが可能です。

大人数での遠隔会議もすでに実現しています。

肉体労働も多くがロボット化できます。

 

イベントもそうですね。

 

こう言うコトです。

 

 

 

限りなく現実に近いバーチャルリアリティ(VR)ですね。

コンサート会場にいなくても、コンサート会場にいるのとほぼ同じ体験をするコトができる。

膨大な数の人たちがこれを使うコトで、実際のコンサート会場を超える集客のコンサートも可能になります。

例えば観客100万人同時視聴とか。

 

ボクが言いたいのは、自粛すれば感染拡大は防げますが、経済が悪化して死者が増えます。

自粛しなければ、経済は悪化しませんが、感染が拡大します。

 

政府からの支援が必要ではあるんですが、政府の財源は税金なので、支援に多くのおカネを使えば使うほど、国民から多くの税金を集める必要があるため、根本解決では無いのです。

 

なので、外出しなくても自粛では無い、そんな環境作りが必要です。

それが、上記のVRですね。

 

新しいモノには抵抗がある人がたくさんいるでしょう。

でも、もし、コロナウイルスが定着するシナリオなら、絶対に考えなければならないコトです。

50年間、自粛するのがイヤなら。

 

なので、ある意味、産業革命。

会社に出勤するのが当然、と言う習慣そのモノを変えてしまう。

大規模な会場に人が集まって行うイベントの常識を変えてしまう。

 

これが、今から考えておかなければならないコトだと思います。

 

もちろん、ウイルスが終息するのがベストですが、風邪やインフルエンザのように、定着した病気もたくさんあるので、ワーストケースも想定する必要があるのです。