非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

憲法改正、法律改正で国民が気を付けておくべきコト

憲法、法律

 

 

世の中には、憲法を変える(改憲)に賛成の人と反対の人がいます。

ボクは時代に合わせた憲法に変える必要があると思っていますが、改憲を目的化してはいけないと思っています。

 

www.b-chan.jp

 

 

例えば、共産党などは改憲に反対しているので、その点において、ボクは共産党に同意しません。

一方、自民党は改憲するコトが悲願なので、その点においては同意ですが、現段階の自民党の改憲草案を見る限り、その内容には大反対です。

 

つまり、どの政党を支持する・しないの問題では無く、中身が大切です。

 

 

政権

 

 

なぜわざわざこんなコトを書くか。

それは、冒頭にも書いたように、改憲を目的化してはいけないからです。

目的はあくまでも国民の幸福であって、改憲はその手段に過ぎません。

 

なんとしても改憲するぞ!

 

と言うだけでは、手段の目的化であって、正しくありません。

 

国民のみなさんに肝に銘じて欲しいコトがあります。

それは、

 

ひとつの政党が永久に政権を取り続けるわけでは無い、と言うコトです。

 

例えば、現在の与党は自民党ですが、その自民党が書いた憲法草案が、政治権力者に有利(つまり国民を強く縛る)なモノであるとしましょう。

もちろん、自民党側は、そんな理不尽な権力を行使するコトは無い、と言います。

それを見て、自民党支持者は賛成します。

支持者だからですね。

 

問題は、ここからです。

 

もし将来、自民党とまったく違う政党が政権を握ったら?

そのときにも当然、政治権力者に有利な憲法が適用されてしまうわけです。

 

恐ろしくありませんか?

 

つまり、憲法改正とか、法改正は、今の政治権力を基準に考えるのは危険なのです。

将来、違う政党が政権を握っても、国民の権利が侵害されないようになっているコトが重要なのです。

だから、単純に、自民党支持者だから自民党案に賛成する、と言う単純な話では無いのです。

もちろん、他の政党すべてに当てはまります。

 

憲法の議論は、支持政党とは関係無く、中身をじっくり吟味して、政権が交代しても、国民が不利にならないかどうか。

 

それが重要だと覚えておいてください。