非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

酔っ払いの本性

アルコールが本性を明らかにする

 

 

今日、この記事が話題になっているので、取り上げておきます。

 

theconversation.com

 

 

英語なので、カンタンに日本語で言うと、アルコールは本性を明らかにする、と言うコトです。

よく、酔っ払って暴力をふるう事件が起こると、

 

アルコールの影響で暴力的になった

 

などと言う人がいますが、それが間違いだった、と言う話ですね。

アルコールがその人の性格を変えるのでは無く、アルコールによって、その人の本来の性格が表れた、と言うコトです。

 

なので、酔っ払って暴力をふるう人は、元々、暴力的なんですが、その本性がアルコールによって現れただけなんです。

酔っていない普段は、単なる演義、理性による抑制、あるいは偽りの自分と言えるかもしれません。

 

まあこれはボクもよく言うんですよね。

テレビを見ただけで芸能人を好きになるのは自由だけど、芸能人の人柄まで褒めるのは理解できないんです。

なぜなら、テレビに映っている状況は必ずカメラの前だからです。

人はカメラの前ではいくらでも演義をするコトが可能です。

カメラに映っていない、誰もいない、一人でいるときこそ、ホントのその人の性格だ、と。

実際、テレビによく出る人気者でも、暴力をふるったり麻薬をやっている人はたくさんいます。

人前での姿をその人の人柄と受け止めるのは正しくありません。

 

その「演義」を取り去ってくれるのがアルコール。

本性を現すのが酔っ払い。

だから、酔っ払って暴力的になったのなら、その人はそもそも暴力的な人だ、と言うコトですね。

 

 

アルコールを免罪符にしないで

 

 

酔っ払って行った犯罪は刑が軽減される。

そんな説がありますが、実際のところは、そのケースは少ないようです。

よほど、精神が耗弱している状態なら減刑のケースもあるかもしれないそうですが、めったに無いそうです。

 

そりゃそうですよね。

アルコールを飲んで減刑されるのなら、あらかじめアルコールを飲んで犯罪に臨む人が増えます。

そもそも、アルコールを飲んだら罪を犯すかも知れない、と言うコトはわかっているんですから、それでアルコールを飲むなら、むしろ、刑は重くすべきですよね。

そんなわけで、実際は、酔っ払いの犯行は刑が重くなる傾向だそうです。

 

実際、飲酒運転は、通常の交通事故よりも重罪ですしね。

 

暴力事件を起こした人が、

 

酔っていて覚えていない

 

と罪を否定するコトがよくありますが、それは、アルコールのせいにして反省していないコトの表れなので、少しでも罰を軽くしようと思うなら逆効果です。

酒のせいにするのは、やめましょう。