非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの標準カメラと同じ画質で撮影できる無音カメラアプリ

無音カメラ

 

 

昔は手書きでメモなどを取っておくコトが多かったんですが、最近はスマホのカメラでサッと撮影しておけるので、メモ代わりにカメラを使うコトが増えました。

学生が授業の板書をノートに書き写す代わりに撮影するらしいですが、ボクもそれに賛成ですね。

書き写すコトで能力が上がるわけでは無く、時間のムダです。

書くコトに集中して授業が上の空になるよりも、さっさと撮影して、その分、きちんと話を聞いた方が有益です。

 

そんな時に大活躍するのが、無音カメラアプリ。

 

日本のスマートフォンは、iPhoneを始め、自主規制でシャッター音が強制的に鳴るようになっているので、無音カメラアプリは実に役立ちます。

 

 

無音カメラアプリには2種類ある

 

 

App Storeを見るとわかりますが、無音カメラアプリはたくさんあります。

しかし、知識として知っておいて欲しいんですが、無音カメラアプリには2種類あるのです。

 

  • 動画切り取り低画質タイプ
  • 高画質タイプ

 

ご存じのとおり、スマホでも動画撮影の場合はシャッター音が鳴らないですよね。

だから、動画を一瞬だけ撮影するコトで、実質的に無音カメラを実現しているアプリがあります。

App Storeにある大半はそのタイプです。

それの問題点は、画質が悪いコトです。

例えば、今のiPhoneの静止画のカメラは約1200万画素。

一方の動画は、4Kで約800万画素。

なので、4K動画を切り取る場合、その画質は800万画素相当です。

標準のカメラで撮るよりも画質が落ちるのです。

そうやって無音を実現しているのです。

 

でも、それはモヤモヤしますよね。

なので、ボクは、高画質な無音カメラアプリを使っています。

これです。

 

シンプルカメラ高画質

シンプルカメラ高画質

  • KANAME OHARA
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

これは、動画切り抜きタイプでは無く、別の技術で無音を実現しています。

なので、画質は、iPhoneの標準のカメラと同じ画質で撮るコトが可能です。

App Storeには、このタイプのアプリが少ないんですよね。

例えば、一番人気があると思われる無音カメラアプリである、OneCamも動画切り抜きタイプだそうです。

 

 

 

個人的な好みの問題ですが、もし、メモ代わりに公共の場所でたくさん写真を撮るのなら、高画質な、シンプルカメラ高画質、を使うコトをボクはオススメします。

ボクも以前は、OneCamを使っていましたが乗り換えました。