非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

YAMAHAのUD-BT01(MIDIをBluetooth化する装置)を使ってみた

UD-BT-01とは

 

 

ヤマハ(YAMAHA)のUD-BT01を手に入れました。

 

 

 

 

これはMIDIをBluetooth化する装置です。

ボクの自宅に、YAMAHAのポータトーン、PSR-E453があるんですが、Amazonにはすでに表示されないので、後継機のPSR-E463を掲載しておきます。

 

 

 

 

この楽器の、USB TO HOST端子に差し込みます。

 

 

前面

UD-BT01前面

 

 

後面

UD-BT01後面

 

 

前面にはUSB-Aのオス端子、後面にはUSB-Aのメス端子があります。

USBのメス端子とキーボードのUSB端子を接続します。

USBのオス端子は電源供給用なので、USB電源に接続します。

 

これだけ。

 

 

iPhoneをワイヤレスで演奏

 

 

これでMIDIをワイヤレス化できました。

Bluetoothを使ったMIDIのワイヤレス化は、業界では、BLE-MIDIと呼ばれているスタンダードな規格です。

なので、メーカーが異なっても使用できます。

 

では、iPhoneと接続してみましょう。

最初に接続するときは、YAMAHAほアプリを使います。

ボクは、このアプリを使いました。

 

FM Essential

FM Essential

  • Yamaha Corporation
  • ミュージック
  • 無料

 

 

アプリの中にある設定画面で、BluetoothのMIDIの接続ができます。

FM essential

 

 

いったん接続してしまえば、他社のアプリに切り替えてもOKです。

 

KORGのGadgetやIK MultimediaのSampleTankでも動作確認できました。

 

KORG Gadget 2

KORG Gadget 2

  • KORG INC.
  • ミュージック
  • ¥2,400

 

 

SampleTank

SampleTank

  • IK Multimedia
  • ミュージック
  • ¥2,400

 

 

従来は、iPhone内の楽器アプリを演奏するには、アプリ内の鍵盤を指で弾くか、iRig KEYSのような対応キーボードを接続していました。

ボクも、iRig KEYSは長く使っています。

 

 

 

 

有線接続している間はiPhoneの充電ができなかったり、そもそもケーブルの抜き差しが面倒でした。

今後は、無線で演奏。

今回、iPhone、iPad、Macでそれぞれ試してみましたが、どれも何の問題も無く演奏できました。

遅延も体感的には全く感じません。

 

BLE-MIDI規格はメーカーを超えた共通規格なので、YAMAHAのキーボード以外でも、USB TO HOST端子がある楽器なら使えるはずです。

ボクは今は、他の楽器を持っていないので試せないんですが、いずれ入手したら試してみたいです。