非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

イベントの自粛の意義

新型コロナウイルス

 

 

新型コロナウイルスの騒動が収まらないので、日本政府はイベントの自粛を呼びかけていますね。

例えば、2万人が参加すると言われる東京マラソンも見送られ、200人の限られた選手だけのイベントに切り替わりました。

プロ野球のジェット風船の自粛も行われているようです。

 

ボクはいつも数字で物事を考えるクセがあるので、ちょっと思うトコロがあります。

 

イベントの自粛に意義はあるのかってコトです。

 

 

イベントの自粛

 

 

日本での感染者は数百人。

死亡者は現時点で3人。

 

騒ぎは大きいですが、死者数はそれほど増えていません。

震災なら数千人以上が亡くなります。

また、日本では1年間に2000人が餓死しています。

2万人近くが自殺しています。

4000人近くが交通事故で亡くなっています。

3000人以上がインフルエンザで亡くなっています。

正直言って、コロナウイルスよりもずっとずっと深刻です。

なのに、それらに対して緊急対策は行われません。

今すぐすべてのクルマに自動ブレーキ装着を義務付け!くらいのコトをするだけでも交通事故死者は減らせるはず。

 

イベントの自粛を要請するのなら、コロナウイルスでは無く、これまでのインフルエンザの発生でやるべきですよね。

なぜ、今まで、インフルエンザで何千人も亡くなっているのにイベントの自粛は行われなくて、3人が亡くなったコロナウイルスのためにイベントの自粛を求めるのか、整合性がとれません。

 

そもそも、毎日、日本中で数千万人が通勤や買い物でひしめき合っています。

2万人程度のイベントを自粛したトコロで、効果なんて1000分の1以下です。誤差です。

ボクは、イベントの自粛に意味は無いと思います。

通勤や買い物と言う超巨大イベントが行われ続けているからです。

 

こんなふうに考えていけば、世の中の風潮っておかしいと思いませんか?

 

より重大なコトは無視して、より軽いコトには大騒ぎ。

より巨大なイベントは継続して、より小さなイベントは自粛。

 

風邪薬は危険だから飲まないと言いながら青酸カリを飲んでいるような状態。

 

それが現状です。