非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

LANケーブルを買い換えた結果

カテゴリー 

 

 

自宅のiMacにつないでいるLANケーブルを買い換えてみました。

 

うちのインターネットプロバイダはSoftBank光なので、回線はNTTのフレッツです。

上限速度は1Gbpsです。

なかなか速いですね。

かつ、IPv6高速ハイブリッドと言う技術で高速化を図っています。

世帯に寄りますが、環境が良ければ、なかなかの高速プロバイダのひとつですね。

 

その高速性を活かすために、iMacはWi-Fiでは無く有線のLANケーブルで接続しています。

 

その環境で通信速度を計測すると、次の通り。

旧ケーブル1

 

旧ケーブル2

 

 

下りが100Mbpsを超えません。

上限が1Gbpsであるコトを思えば、かなり遅いのです。遅いと言っても、何かに支障があるほどの遅さでは無いんですが。

 

ちなみにLANケーブルを抜いてWi-Fiで計測すると次の通り。

Wi-Fi1

 

Wi-Fi2

 

 

さすがに、有線の方が速いですが、もっと速くなって欲しいです。

 

そこで、LANケーブルのカテゴリーを変えてみました。

 

 

LANケーブルの種類

 

 

使っているケーブルはルーターに付属していたCAT5eのケーブルだと思われます。

CATと言うのはカテゴリーのコトで、現在は主に、CAT5からCAT8までが存在します。

 

note.cman.jp

 

 

CAT5eであれば、1Gbpsに対応しているので、上限1Gbpsの回線に使うのに問題はありません。

それでも、モノは試しに、と思って、CAT6eのケーブルを買ってみました。

 

 

 

CAT6eなので、10Gbpsまで対応します。

余裕が生まれるコトで、もしかしたら、速度が向上するのでは?

そう期待して接続して、あらためて速度を測ってみました。

結果がこちら。 

新ケーブル1

 

新ケーブル2

 

 

ご覧のとおり、何ら速度の向上は見られませんでした。

つまり、我が家の環境では、これが限界のようです。

1Gbpsはあくまでもベストエフォートであって保証速度では無いので、それはそれで仕方が無いんですが、できればもっと速度の出る環境に住んでみたいモノです。

 

と言うわけで、みなさん。

回線速度よりも遅いケーブルを使っている人は、速いケーブルに交換すれば速度アップするかも知れません。

逆に今回のボクのようにすでに十分なケーブルを使っている場合は単なるムダ遣いです。

 

ご注意を。